<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018.1.14 島牧.苦行8時間

また島牧でロッドを振っている

苦手な冬道も苦にならなくなってきたし、足がつることもなくなった。
どうやら体が冬の釣りに順応したらしい。
思えば、順応しないまま冬を終えてしまったことが何回あっただろうか…

今季は早くも3戦目、
釣りへの情熱が再燃している今日この頃だ。


e0363490_20513259.jpg



最近はプラス気温の日ばかり選んで釣行してたものだから、今日のような終日氷点下だと指先の痺れがいっそう早くおとずれる
指先の微妙な感覚は、キャストにもリトリーブにも必用なので、限界まで生指でがんばってみよう

通称レスト下。夜明けからロッドを振り、全くの無反応のまま正午のサイレンを聞く

午後からは千走のサーフへ
小さなボイルに期待を膨らませたり、2度の小さなアタリに熱くなったりして3時間を費やした。
ロッドを畳んだ頃には疲労困憊だ

そこそこの鱒が釣れてくれれば一段落つけれるのだけど、あまりに反応がないとついついリベンジ魂に火がついてしまう
終わりなき島牧通いが続きそうな気がしていて、月のガソリン代が怖くってしょうがない


[PR]
by kaki1225h | 2018-01-14 21:59 | Comments(6)

2018.1.8 島牧海岸.2回戦目

雪道をヒヤヒヤしながら運転して、厳寒の海でロッドを振る…そんな気力も体力も削られるような釣行に情熱を注いでいたのは30代の前半の頃までだった

長い連休の最終日、重い腰をあげて辿り着いた島牧海岸の海雨釣りは今季2回戦目となる
ワンシーズンに2回も島牧を訪れたのだから、それだけでもう十分に頑張った気がしている自分が少し情けない


e0363490_14450854.jpg



どんより曇った早朝の島牧海岸ライン
南よりの風が右後ろからさわさわと流れてくる。
終始気温はプラス。ポツポツとジャケットに当たるのは季節外れの雨だ

道の駅に車を止め、千走漁港の横までを行ったり来たり。時折、ラインにテンションがかかる良さげなポイントを見つけては粘ってみたけど、何の反応も拾うことは出来なかった
夜明けからロッドを振り、4時間が過ぎた
長い長い無反応タイムが集中力を奪っていく。
今日は昼までの釣り、とにかく1匹釣りたい時のコベチャナイや、抑えの切り札である中の川へ移動するにはもう時間がない。
ボンズの覚悟が固まった11時すぎ、殺気が消えたのが幸いしたのか、待ちに待った感触が左手に伝わってきた


e0363490_15132632.jpg



さほど大きくもない雨鱒だったけど、これで帰りの足取りが少しだけ軽くなった気がする
年々難易度があがっていく、そんな印象の島牧海岸がバックミラーの中で白く霞んでいった


[PR]
by kaki1225h | 2018-01-09 21:40 | Comments(6)

2018.1.1 フィールドで過ごした元旦

元旦。1年の始まりを島牧海岸で過ごした
穏やかな波間を季節外れの雨がパラパラと叩いている

通称生コン裏、70を釣った思い出の場所だったけど、ここ数年は泣かず飛ばず…
気のせいか砂浜が少し狭くなったような気がして、フライを振るにはバックスペースが心許ない。
チッと音がした時には背後のテトラにフライがあたっているようで、フックが折れていたり、フライがなくなっていたりするものだから、早くもフライの弾数が心配になってしまう。
このポイントで3時間を費やしたけど、魚の気配を感じることができなかった


e0363490_19522090.jpg



慣れない砂浜を歩いたものだから、早くも足がもつれている
元旦からボロボロになるまでロッドを振ることもない…そんな気持ちと、初釣りなのだからボンズだけは回避しなきゃの気持ちが戦っている
Facebookの『いま何してる』に現状を投稿すると、数件の激励のお言葉を頂いていて、1匹釣れるまで頑張るのだと踏ん切りをつけることができた


e0363490_20374029.jpg



大きく場所移動して気持ちをリセット。中の川からコベチャに向かって投げては歩いてを繰り返した
ここもベッタリとした凪だったけど、他より波が高い場所、そんなポイントでラインの先に微かな生命感を拾った


e0363490_20425959.jpg


限られた範囲で散発的に反応があった。30~40㎝のイワナサイズが6匹、
フッキングが甘くて逃げていった鱒も数匹いたけど、中にはずっしり重い感触もあった。ここ一帯では大型の鱒を釣ったことがないので、あくまであてにならない感触の話だ


e0363490_21395358.jpg



食べて飲んで寝るのが正しいお正月の過ごし方だと思っている
その元旦に波にもまれてロッドを振り回している自分が可笑しくてしょうがなかった。顔に波しぶきがかかる度にナニヤッテンダ俺と思いフフッと笑っていたけど、近くにいた方々、見て見ぬふりして頂いてありがとうございました(笑)



今年も宜しくお願い致します!


[PR]
by kaki1225h | 2018-01-01 22:31 | Comments(6)