<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017.11.26 支笏湖.雪景色

湖は白く霞んでいた
もう何連敗してるのかも分からないほど、負けがこんでいる支笏湖の釣り、結果からいうと今回もノーフィッシュだ
反応はあるもののキャッチができない、そんな支笏湖戦線が長く続いている


後半戦になって初めて美笛エリアを訪れてみた
ゲートの前に車を止め、雪に覆われた道を歩いた


e0363490_15305608.jpg



杭のポイント、例年後半戦に何度か鱒を釣っている場所だ
ここで8時半から6時間ロッドを振った
風は右から吹いたり左から吹いたりで不安定な1日だった
鱒からの反応は2回、
1度目はフッキングしたものの、すぐにバレてしまう。
ラインを回収すると、固く結んだ筈のフライとティペットの結び目がほどけていた。
水面下にギラギラと見えた魚体は40クラスだったから落胆は小さくてすんだのだと思う

2度目はリトリーブ中にフライの後方でバシャと水面が割れた、こちらは違和感があったのかフライに触れずにユーターンしたようだ
その他に見たライズは2回、どちらも決して遠くはなかった
フライは届いていて鱒の視界に入ってる筈だけど、波が弱いと見切られてしまうようだ

なかなか釣れない支笏湖の1匹だけど、年内にもう1度くらいは挑んでみようと思っている

[PR]
by kaki1225h | 2017-11-26 18:31 | Comments(4)

2017.11.12 支笏湖.連敗

支笏湖の貴重な貴重な1匹に逃げられる、
そんな釣りが続いてるものだから、他のフィールドへシフトができずにやきもきもしている

本流の雨鱒をスイングで釣るシーズンがやってきたけど、今週末も支笏湖だ
リセットとかリニューアルなんて言葉が好きなほうだけど、『釣るまで帰らない』の気持ちは、毎回毎回新調しすぎて、もうたいして効用もなくなってきている。
風向きや地形よりも、釣れるジンクスだとか心構えを考えてるくらいだから、支笏湖の攻略法なんて持っていない。
ゲン担ぎで、おにぎりの具の選択だとか、テレビで見た山羊座のラッキーアイテムなんかに細心の注意を払っている今日この頃だ




e0363490_19030475.jpg



南岸の崖下、3度バラしている因縁の場所に立つ
鱒が回遊するのか、それとも居着いているのか…ほぼ毎回反応を得ている岩盤地帯のブレイクラインが狙いだ
バックがないうえに、ダブハンを振るにはポイントまで近すぎるし、頭上の木の枝がスカジットキャストを妨げるし…決して気持ちよくロッドを振れる場所ではない

今日は北西の風、右への湖流ができている
鱒の反応があった日はいずれも逆の湖流だった、立ち位置を少し変えて窮屈なキャストでヒットゾーンにラインを入れた


e0363490_19311034.jpg



3~4投目、さほど沈めていないフライが水草に触れたような違和感を拾う
ドキドキしながらリトリーブを続けると、すぐにラインがグーンと引っ張られ、直後にフッと軽くなった
前回、体の中から魂が出そうになったが、今回は少しだけ出たのかもしれない

4回もバラすなんてあまりに情けないので、今のはアタリがあっただけでバラシではないと思うことにする
何時ものように無反応ならあきらめもつくのだろう、だけどバラシたりアタったりするとまた来ざるえない
支笏湖の鱒をなんとか釣ってやろうと思ってるけど、
目の前に餌をちらつかされ、釣られてるのは自分なのかもしれません……


[PR]
by kaki1225h | 2017-11-12 21:37 | Comments(4)

2017.11.4 支笏湖.2時間

釣りができるのは2時間だけ
僅かな時間の為に車を走らせることはない、そう思いとどまる気持ちを振り払って家を出たのは午後の1時過ぎだった


e0363490_11025249.jpg



今日行かなければ次は1週間後、それだって確かじゃあない。
とにかくフィールドに立ってロッドを振る、それが健全な生活をおくるうえでの精神安定剤となっている今日この頃だ


e0363490_10560890.jpg



予報では北西からの強めの風、
頭の中の支笏湖地図に風向きの矢印を描いたけども今日は時間との戦いだ、少しでも近いポイントに車を滑り込ませた


洞門前、いつもは通り過ぎるだけの場所。
昔、車で入れた湖畔への小道はもう道じゃなくなっていた。
期待していた濁りはなかったけど、湖は程よく荒れている。
ルアーとフライの二刀流だった頃に、ゴールドに赤ラインの入ったスプーンで初めて50クラスのシコニジを釣った杭のポイントに立つ。そして苔がはえるほど粘った


e0363490_10574562.jpg



あの頃、朝から晩までここで過ごした事を懐かしく思い出す
まともな魚はほんの数回しか釣ったことがなかった筈、フライでもルアーでもだ
そんな相性が悪い場所だけど、波風が何かを呼び込んでくれそうな気がして集中力は切らさずにキャストを繰り返した


もの思いに更けっていると、あっという間の2時間が過ぎた
未練たっぷりでロッドをたたみ、子供との待ち合わせ場所へ車を走らせた
『パパさかなつれたの?』の問いに、『練習しに行ったんだよ』と返すのだけど、きっとその顔は笑っていたと思う




Kencube シューティングスペイ♯10 type.Ⅱ

[PR]
by kaki1225h | 2017-11-05 10:28 | Comments(4)