2018.8.12 オホーツク.夏の思い出

オホーツク海に注ぐ小さな河口に車を滑り込ませたのは、8/12の夕方のこと
車をとめるスペースは去年より更に狭くなっていて、運良く何とか駐車できたけども、ここを訪れるのはもう無理な気がする
ロッドを振ったのは17時から夕暮れまで
海岸線にはズラリと釣り人が並んでいるけど、鱒の姿は離れたところで跳ねる姿を数回見ただけだった


e0363490_21094940.jpg


翌朝は友人に教えてもらったポイントに立ってみた
期待していた夜明からの2時間は、鱒の姿を見ることもなく終了、
ひと休みしに、1時間ほど車に戻った
後から知ったのだが車に戻った直後に大きな群れが入ったようで、その場にとどまっていた地元の方はピカピカの魚体を3匹も手にしていた。
せっかくのチャンスタイムを逃したのがあまりに悔しくて、その後の沿岸パトロールは気合いが入った
だけど大きな群れが去った後の海岸は魚の気配もなく、昼前には自分1人になっていた
集中力が切れそうになると数匹の鱒が姿を現すが、これがなかなか釣れない
長い時間を費やし、待望のヒットが訪れる。
魚を散らす覚悟のロングキャスト&ファストリトリーブでのヒットだった
ギラギラした魚体が波打ち際で粘り強く抵抗している
そこから沖への疾走、ラインをうまく送り出せずリーダーがブツンと切れてしまう


e0363490_21495714.jpg



その後もフラフラになるまで鱒を探し続けたけど、14時には心身共に燃え尽きてしまう

オホーツク海、青い空、カラフトの疾走、
釣果はなかったけど、あんな夏があったなぁと振り返れる思い出がひとつ出来たような気がしている


[PR]
by kaki1225h | 2018-08-14 07:23 | Comments(4)
Commented by koikoi at 2018-08-14 13:34 x
かきさんこんにちは!
そちらだったのですね!
チャンスの少ない中、おしかったですね。
おそらく早くにあたりがあれば取れてたと思います。
疲れ、集中力が散漫している時にかかった奴らは
なかなか失敗することあると自分も同じことありです。

>後から知ったのだが車に戻った直後に大きな群れが入ったようで

遠征組のつらいところですよね(笑)
毎年、何だかいい話は聞かなくなってきましたね。
リベンジですかね!?
Commented by hata at 2018-08-14 14:43 x
かきさん、オホーツク遠征お疲れ様です。待望のヒットの瞬間は何事にも変えられない喜びがあるのでしょうね(^^♪しかもロングキャスト&ファーストリトリーブ!!ドガーンですね!(^^)!手中にできなかった魚のリベンジは行かれるのですか?
Commented by かきさん at 2018-08-14 17:58 x
koikoiさん、こんばんは。集中力の薄れている時にヒットするのは、支笏湖と同じですね(笑)
ランドしようとしたらダッシュされ、1X直結が切れました。海の魚のパワーは凄いです~。リベンジしようか迷ってます(^^)
Commented by かきさん at 2018-08-14 18:09 x
hataさん、こんばんは。群れの到来が見えたり、ライン越しに違和感があると心臓がバクバクします(笑)片道4時間半の日帰りは年々キツくなってきて、行くなら車中泊かなと思ってます。家族の許可がおりればですが…(^^)
<< 2018.9.2 小渓流 2018.7.20 2匹の岩魚 >>