2015.10.25 支笏湖.冬の訪れ

西からの風が雪を運んできた

白く霞んだ支笏湖、その美笛エリアに車を寄せたのは午後も遅い時間だった


e0363490_22125423.jpg




明るい時間帯に支笏湖に立てたのは何時以来だろう

延びていくラインの軌道が見えることに安堵感を覚える。どうやら夜の支笏湖で感覚がおかしくなっているようだ
 
冷たい風が時に強く吹きつける。指先が痺れる前にフルフィンガーのグローブを取り出した。

風に反して波が穏やかな状態が続いている

恐らく複数と思われるライズが2度ほど通り過ぎる。ストリーマーを通すとドンと反応するがフッキングはしない。小型のサクラの群れなのだろうか、冬景色の中でウグイなんてことは…

釣り師はキャストを繰り返す

辛抱の釣りが続いた

type.Ⅳのヘッドが、湖底の落ち込むかけ上がりの数メートル沖に消えていく

やがてリトリーブする左手にズンと重みが伝わった

45位だろうか、支笏湖の鱒が釣れたことに喜びを感じた冬の釣りの幕開けだった


e0363490_22132831.jpg





[PR]
by kaki1225h | 2015-10-25 22:11
<< 釣りの小話.16【怖いもの】 2015.10.15 支笏湖.... >>