タグ:釣りの小話 ( 12 ) タグの人気記事

釣りの小話.30【熱帯魚の世界】

熱帯魚を飼っている。幼い頃から生き物を飼うのが好きで、いろいろと手を出してきたけど、今では家族の目を気にして無難な熱帯魚に落ち着いている。
一時、アクアリウムとかアクアリストなんて言葉に踊らされて、それ系の雑誌を買っては夢を膨らませ、必要以上な買い物をしたものだった。その大半は今やクローゼットの片隅で眠ってしまっているのだけど、珍しい水草を通販で買ってみたり、気に入った流木を探すのに何件もショップを回ったり…そんなことが楽しくて夢中になっていた。

e0363490_20381455.jpg


水槽の主役は色とりどりの魚達ではなく、ナマズの一種だ。彼らはボトムの物陰を好み、水面や水槽の前面にはなかなかその姿を現さない。水槽の片隅のスペースに流木と水草の組合せでジャングルを作った時は、餌の時間以外には魚を観賞できなかったものだ。
最初は同種が数匹だけの水槽だったけど、少しずつ数を増やしたり模様違いの魚を仲間に加えたりしながら季節を重ねていった。やがて産卵する魚がでてきたり、お亡くなりになるものがでてきたり、稚魚が育っていったり…そんなサイクルが小さな水槽の中で繰り返されている。
図鑑などを読むと魚の特徴や大きさが記載されているが、我が家の水槽では図鑑で最大とされるサイズを遥かに越えるものがごく稀にでてくる。モンスタークラスだ。大きな体に似合わずとても臆病で、流木の下の主になっている。
子供達のリクエストで小さくてカラフルな魚を投入したのは最近のことだ。彼らの泳層は表層の少し下、フライでイメージするとインターのライン、そんなレンジになる。水草を育ててるだけに見える水槽も少しは熱帯魚らしい世界になったと思う。


e0363490_17560811.jpg


魚達にとっては故郷である自然界で天命を全うするのが何より幸せなことかもしれないけど、天敵のいない過保護な水槽もある意味幸せなのかもしれない。水槽で生まれ、その中で一生を終える魚達に外の世界を見せてはあげれないけど、愛情だけはたっぷり注いであげたいと思っている。

e0363490_20582361.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2017-07-17 13:34 | Comments(4)

釣りの小話.29【後遺症】

夜の支笏湖通いが終わると、しばらくの間は何か拍子抜けしたような日常を送ることになる。
ぞわぞわするような重圧感ただよう黒い湖に、それを取り巻く周りの雰囲気が不気味さに拍車をかける、そんな場所が何故か恋しい。
刺激だとかスリルのようなものを求めているのだろうけど、そこには身の安全を保障するものは何もない、無担保だ。
もし支笏湖ナイト損害保険があるとしたら、対動物は必須で転倒や水没も担保を希望することだろう。対オバケなんてあると万が一の時に安心かもと思いそうだか、それは逆に怖さが増すのでやめておこう思う。

初夏のモンカゲロウのハッチが終わる頃、フライで狙える鱒は急に少なくなる気がしている。
産卵で岸辺に集まるウグイを狙う大型の鱒もいるけど、あれを狙うのはルアーの領域だろう。

秋から初冬にかけては、夜の訪れが早すぎて仕事帰りに立ち寄るにはちょっと厳しい。
湖岸に立って夜を迎えるのと、既に真っ暗になっている湖岸に下りていくのでは世界が別だ。
そんな季節は、息を止めて水に潜る気持ちで、覚悟を決めて斜面を下る。

冬、気温が氷点下まで下がると潔くロッドを畳む。
モンスタークラスが姿を現す時期らしいけど、氷点下の夜は歴戦のルアー師などの強者達が集う領域で、そこに踏み込めないでいる自分はまだまだだなぁと思っているし、またそれでいいとも思っている。

今はちょうどオフシーズン、なのにこんな思いに更けるのだから支笏湖ナイトの後遺症なのかも…むし暑い夏の夜はそんな事を考えている。

e0363490_23090818.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2017-07-11 12:13 | Comments(2)

釣りの小話.28【ナイトクラブ】

e0363490_12292262.jpg


支笏湖ナイトクラブを発足して数年がたつ。会員は1名だ。
当会の主たる目的はブラウンの生態調査であるが、時には病んだ心の健常化だったり、メタボ体質の予防も担っている。
当会の活動時間は定まっていない。休日にめぐまれなかったり、昼間の仕事で身も心もボロボロになった時に実施される事が多い。現地集合がルールだ。
当会の会員であることは家族には話していない。聞かれていないことを話すのは野暮だと考えている。


e0363490_12363766.jpg


今期の活動はほぼ終了。目的を達することは多分今後もないのだろうけど、支笏湖のブラウンのことが少しだけ分かった気がする。日中の長い無反応タイムの中では得られないものが、夜の釣りで見つかることもあったように思う。

話のネタも出来たように思う。不思議な光を見たり、動物の鳴き声に退散したり…。ティペットから先が無い状態で釣りを続けてたこともあったっけ。

ルアーの威力にも誘惑された。フライで散々無反応だったところでルアーであっけなく釣れるのを見たときには危うくルアーロッドを買うところだった。


最後に当会に入会希望の方に近況をお伝えする

月明かりの中で、時には伸ばした手も見えぬ闇の中でスカジットラインを操り、ただ静かに音を聞いている。森の音を。夜の音を。

e0363490_12373040.jpg

[PR]
by kaki1225h | 2016-12-06 11:21 | Comments(4)

釣りの小話.27【波の音】


オホーツクのカラフト釣りでの話だ

『親が心配してるよ』

こちらに歩み寄ってきた友人がこんなことを言った

最初は何のことか分からなかったが、要約するとこうだ



胸ポケットに入れたスマホが何かの拍子で稼働状態となり、ポケットの中で何かに触れたのか画面タッチ、それが短縮ダイヤルで実家の父につながったらしい

父が電話にでると、ガサガサ ザザーン ザザーン…ゴソゴソ…

父はさぞ不審に思ったに違いない『もしもーし おーい』

ザザーン ザブン…

これは大変だ。釣りに行って倒れたか、はたまた流されたのか…

私が何処にいるかも、誰といるかも分からない父は必死になったのだと思う
 
父からかみさんに連絡がいき、かみさんから友人の奥さんへ。そして隣で釣りをしている友人の電話が鳴った

『親が心配してるよ』
  
そんな流れだった

両親、家族、友人ご夫妻にまで迷惑をかけた当の本人は『群れはどこだ~』と波間を覗きこんでいた

もし単独釣行だったら捜索願いがだされていたかもしれない

皆さん、大変お騒がせしてすいませんでした。スマホの取り扱いには気をつけます。

この日もボンズだった

e0363490_23214420.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2016-11-28 22:38 | Comments(0)

釣りの小話.26【熊談話】

ここ数年は共に釣りに出かける友人が2人

向かうフィールドは季節によって概ね決まっている。それぞれが単独で釣行する時も、定番となっているフィールドへ足を運ぶことが多い

山で熊に会うのは怖い。でも遠くからその姿だけでも見てみたい。安全なところから...そんなふうに考えていた


e0363490_01555811.jpg


友人2人は計4回、熊に遭遇している。なのに同じ釣り場、同じ季節に釣行する私はその姿すら見たことがない

ある時、友人達から熊との遭遇談を聞いた。興味津々で聞いみたのだが、野生の熊をちょっと見てみたいなどという軽い考えは次第にしぼんでいった

2人の話を要約すると、必ず1人の時に遭遇している、鈴を装備していても遭遇している、誰もが入る釣り場での遭遇と、かなりデインジャーな内容に少し背筋が冷たくなった

特に鈴。こちらの存在を知らせる為、3人ともおよそ鈴とは思えない金額のものを装備している。小心者の私などは、違う音色のものを2つぶらさげて山に入る。かなり邪魔なのを我慢してだ。

ある夏の日、友人がジャリーン、ジャリーンの音とともに林道を歩いていた。見通しの悪いカーブを曲がったすぐ目前に熊が座っていたという。若い小型の熊は友人と目が合った瞬間に凄いスピードで藪の中へ消えていった。そんな経験を2回したという。

大きな熊も友人の前に姿を現している。季節になるとラフティング一行が何隻も下っていく流れがある。1人釣りあがっていた友人の50m程上流を熊が横断したという。こちらには気が付いていないようで、即引き返した友人が言う「あれはデカかった」。まるで大きな鱒をバラしたような口ぶりだった

たまたま鈴もカウンターアソールトも身に着けていなかった友人の少し下流にも熊が現れた。子連れの熊だ。対抗手段を持っていなかった友人の心拍数は一気に跳ねあがったといい、即座に撤退した車までの道程は生きた心地がしなかったという

熊が人の存在に気がついた瞬間に逃げ出すパターンと、熊が気づかず(もしかしたら気がついているかも)こちらが引き返すパターンがあったようだが、熊が接近してこなかったのは何よりだろう

以前は鈴、カウンターアソールト、鉈の3点セットが山に入る標準装備だった私だが、近年、何も持たずに山深くを釣リ歩くことが度々ある

友人達の熊談話は、そんな私の薄れかかっていた緊張感をギュッと締め直してくれたのだった


[PR]
by kaki1225h | 2016-08-29 23:31 | Comments(0)

釣りの小話.24【恥ずかしい話】


恥ずかしかった話を少し


若い頃の話だ

当時、職場の仲間達は冬となると、こぞってスノーボードに出かけていた

友人の友人だとかが参加したり、彼氏彼女を連れたりして、けっこうな人数となっていた。複数台の車に便乗してワイワイと出かけるそれは、若者達の冬の正しい過ごし方だったように思う

友人達からのボードの誘いを何らかの理由をつけて断り続けた私は、決して釣りに行くからとは言わなかった。方や男女でワイワイと楽しい時間を過ごし、方や寒風の中で釣り…当時はこの差がなにか後ろめたいというか、負のイメージのようなものを感じていた

けっこうな降雪だった週、彼ら一行は車2台でボードに出かけるという。いつものように誘いをかわした私は支笏湖へと向かった

厳寒気の湖、駐車スペースもままならず湖岸への道程も厳しい

あらゆるものが凍りつき、帰りの斜面ではモコモコに着膨れした釣り師は何度も転んだ

息をきらせながら道路に這い上がった真っ白のモコモコの前を車が通りすぎる

彼らだった

運転席の友人と一瞬目が合い、しまった!と思う間もなく、続く2台目が通りすぎた

アイツ ナニヤッテンダ

笑いのネタを提供され、車内は大いに盛り上がったことだろう

この日もボンズだった



このブログにも少し恥ずかしい記事がある

忘れもしない2014年。毎々更新するのが億劫になり、そろそろやめようかと考えていた

この記事で終わろうと決意し、皆さんお元気で!何処かで会いましょう と締め括った

その数日後には何もなかったように記事が更新されていたという
そんなとっても恥ずかしい話である


e0363490_10210660.jpg




[PR]
by kaki1225h | 2016-08-28 10:00 | Comments(0)

釣りの小話.23【光】


支笏湖。夜の話だ

不思議な光を見たことがある

小さな光と大きな光の2回だ



小いな光は蛍だったと思っている

季節は夏。1人闇の中でロッドを振っていた

その日はいつもより奥に入っていた

星は無く、東の夜空に月がぽかんと浮かんでいる  

月明かりに照らされた湖水に視線を送った。岸際の岩の間から明かりが漏れている

鮮やかな緑色の光がぽわ~んと。2ヶ所で

緑に光る要素などない。月明かりが反射して、ああなってこうなって緑なんだなと、適当な理屈をつけて納得するしかなかった
 
それは幻想的でもあり、不気味でもあった

だが釣りは続ける

道路へ上がる急斜面の流れ出しまでは遠い。ワンキャストごとに少しずつ帰りの方向に歩を進めていった

光からは離れたようだ。湾の岸際にあった光の塊はすでに見えない

相変わらず釣りは続ける。実は少し怖い

視界の隅に一筋の光、湾の方からこちらにスーッと飛んでくる

思わぬ光景に怯み、転びそうになるのを何とかこらえる

見ないほうがいいと思うものの、反射的に目で追う

緑色の小さな光は私の頭上を通り過ぎ、森の中へ消えていった

『支笏湖にも蛍がいるよ』

何処かで誰かに聞いた言葉を思い出す

蛍は見たことがないけども、たぶん大きさや飛ぶ速度から、あれが蛍なんだろうと思う
 
幼虫は水の中でカワニナなどを食べて過ごし、成虫は夏の夜に発光しながら飛ぶという

岸際の岩場に群れていたのだろうか

そう思わないと…



もうひとつの大きな光の話は、あまりに現実離れした話でここに書く勇気はない

頭がおかしいのでは…そう思われるに違いない

家に帰り、見たものを興奮気味に妻に話したものの全く信じていなかった。ここに記述しても、読んだ方々はきっと同じ反応だろう

どちらも1人の夜にはご遠慮願いたいものだ



e0363490_21243331.jpg





[PR]
by kaki1225h | 2016-08-27 21:12 | Comments(0)

釣りの小話.22【夜の釣り】

夜の支笏湖に出かけることが多くなった
本意ではないけれど、昼間に釣りに行けないのだからしょうがない
初めの頃は友人に連れられて。そのうち単独でおっかなびっくりしながら…今はもっぱら1人で、何も意に介せず闇に溶け込みロッドを振っている


e0363490_10222337.jpg


大きなブラウンが釣れる
当初はそんな言葉に期待を膨らませていた
夜だからといって、そんなに釣れるわけではないことも知った

夜、釣りに行くのは仕事帰りが多い
できれば難解な業務に頭を抱えた日の夜がいい
出口の見えない問題や解決出来ないクレームなどで、頭の中の思考がぐちゃぐちゃに絡まったまま帰宅はしない
そんな時は夜の支笏湖に立ち、絡まった思考回路をひとつずつ紐解いていこう
環境が思考を変えるかどうかは分からないが、普段は思いつかない発想がでてきたりもする
ラインはフローティングがいい
湖水にラインを置いたなら何もしない。ただ静かに物思いにふけよう
フライが浮いてるかどうかなど分からない。
いつもは黙って待つことなど出来ないのに、この時ばかりは待ち時間充分だ。
フローティングラインで根掛かりしてた時はどれだけ放っておいたのだろう
いきなりラインがグンと引っ張られる、そんな物思いの釣り
そんな夜が今後も続くのだろう


[PR]
by kaki1225h | 2016-08-26 10:17 | Comments(0)

釣りの小話.16【怖いもの】

山へ海へと走りまわる釣り師には常に危険がつきまとうものだ

「危ない目にあった」

聞けばある友人は増水の渓流でバランスを崩し、下の淵まで流されたといい、
またある友人は熊に数回遭遇しており、その体験を話してくれた
よく耳にする噂を実際に支笏湖で味わった友人の話は、私の持つ人並みの臆病風を強風の域にまで拡大させた


無茶を無茶だと思わない無謀者の私は、熊の痕跡などは気にもせず釣りを続け、岩盤にへばりつき増水の渓を何度も遡行した

このての人間は実際に痛い目にあわないと分からない性分なのだ

そしてある日、痛い目は満を持して私の下にやって来た

つい最近、十勝からの帰り道での出来事だ
晩秋から初冬に移り変わる、そんな季節だった
霧の峠を慎重に下り、国道へ合流すべく車を走らせていた時だ

完全に油断だった

すぐ前方に大きな鹿が見えたと思った時には既に遅く、右に急ハンドルをきるのが精一杯だった

キィーとタイヤの鳴る音、そしてドゴンと衝撃音が響いた

とっさに右に飛んだ鹿との正面衝突だった

車を停め振り返ると鹿の姿は見えず、代わりにフォグランブがひとつ道に転がっている…
恐る恐る車のフロント部をのぞき込む
ボンネットはくの字に折れ、左側が砕けたバンパーを目で追うとフェンダーからドアまで衝撃が走ったことがはっきりと確認できた

30万コースといったところか

ほんの1、2秒気がつくのが早ければ回避できたのかもしれない

それからというもの、しばらくの間は道端の木々がどれも鹿に見えてしょうがなかった

そんな訳で、熊、お化けの上位を抜き、山道の運転が何より怖いものとなってしまった話である


e0363490_11353062.png



[PR]
by kaki1225h | 2015-11-10 21:58 | Comments(0)

釣りの小話.12【声】


友人から聞いた話だ

彼とは中学時代からの付き合いで、20年以上経った今でも互いにスケジュールを合わせて釣りに出かけたりする。
彼とは同じ職場では無い為、一緒に釣りに行くのは年に数回ほどなのだが、その分 道中の車内での会話は途切れることはなかった。

ある湖の話になった時に彼はこんな話を始めた


夕闇迫る湖水、
いつもなら釣り人の一人や二人はいる時間帯なのだが、周りを見ると自分1人だけだった。
ここは有名な湖のメジャーなポイントだ、普通なら幸運と考えるに違いない。
だが何か嫌な感覚があったという。
もしかしたら気のせいかもしれない…だが背後から確かにザワザワと気配がする

この場所は背後にある崖が急な角度で湖にささっている。いくぶん角度の緩い水辺の岩場が足場になる釣り場だ。

今の状況が普通ではないと感じた彼は、早々に帰る準備をした。
背後のざわめきはまだ消えていない…
ただならぬ気配に動揺したのか、彼はたまらず『もう帰る』と呟いた。
怖さを紛らわす独り言だったのだろう。
だがそれは、独り言では終わらなかった。
その直後、彼の耳元で…本当にすぐ耳元で、それは聞こえた

『 もう 帰るの? 』

女性の声だったという。

私もホームにしている湖の話だ。
聞かなきゃよかった、いや同じ目に遭わない為には聞いたほうがよかったのか

それ以来、この湖でのイブニングには深入り出来ずにいる


e0363490_00132495.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2014-08-09 23:32 | Comments(0)