タグ:朱鞠内湖 ( 3 ) タグの人気記事

2016.10.8 朱鞠内湖.落陽


朱鞠内湖。投げては引くの繰り返し。その苦行が報われることはなかった


e0363490_12043593.jpg



5時半に漁協のボートに乗り込み17時まで、予定通りのマックス

ドバと呼ばれる岬で、長いようで短い1日を過ごした

友のロッドには雨鱒、次いで本命らしき感触が訪れたが短いやり取りの後にそれは湖の中へ消えていったようだ




e0363490_12050986.jpg



対岸に見える白い木立がここが朱鞠内湖であることを思い出させてくれる

目まぐるしく変わる天気も僕らのもつ朱鞠内のイメージのひとつだ



e0363490_12064331.jpg




青空と雨雲、そして向きの定まらない風が時に強烈に吹き付ける

岬の先端部を行ったり来たり。やがて遠くから聞こえてくるボートのエンジン音が、短い秋の1日が終わったのだと伝えてくれる

迎えのボートに乗り込み、重い腰を落とした。疾走する船上で冷たい風が顔にあたると、「あぁ終わったんだな」ともう一度1日の終わりを感じるのだった











comments 💬

≫ By かきさん
10-11 21:32
シコバカさん、こんばんは。朱鞠内も修行には違いないのですが、支笏湖とは違ったロケーションで年に数回はいいかもしれません。釣れなかった時のダメージは、より大きいのですが(笑)。イトウと支笏湖の大ブラ、どちらも魅力的ですが、どちらも相手にしてもらえません(T_T)
Android
≫ By シコバカ
10-11 21:21
お疲れ様でした。
修行に行って来たんですね
自分はhataさんと休みが合わずいけませんでしたけど、1度は修行に行きたいなぁ~~~
支笏湖修行頑張り鱒(笑)
Android

≫ By かきさん
10-10 09:32
すやさん、お早うございます。道北の朝は気温5度で、寒さに慣れてない体と気持ちが引き締まりました。漁協の方の話では「やっと釣れ始めた」とのことで、シーズンインはしたようです。ボイル、逃げる小魚など魚っ気はあったのですが、水面を荒らしすぎたのかもしれません…。すやさんの朗報を期待してます(^^)
Android

≫ By すや
10-09 23:53
かきさん、こんばんは。
朱鞠内MAXお疲れ様です。
長いようであっという間の秋のMAX、水温で気にちょっと早いのでしょうか?
釣れなきゃ苦行、釣れれば生天の朱鞠内湖、なかなか止めるに止めれない魅力がありますね!
ボクは風景見に、中旬に行こうと思ってます。
pc

≫ By かきさん
10-09 21:29
koikoiさん、こんばんは。朱鞠内の水位は平常だったと思います。なにぶん釣行数が少ないので感覚的なものですが…。ブログ投稿してませんが、支笏湖で短時間2回ロッド振りました、フライロッドを振れる場所も限られ足が遠のいてます。たまに低番手ロッドで渓流を歩いてみようとも思ってます(^^)
Android

≫ By koikoi
10-09 21:13
かきさん今晩は!
行ってきたのですね。水位はどうでしたか?
支笏湖とは違いますよね。
今期(というか昨年1度だけ行っただけですが)
行ってみようとも考えましたが、残り少ない日数
尻別と支笏湖で頑張ります!
かきさんもそろそろ支笏湖では!?
pc

≫ By かきさん
10-09 16:15
hataさん、こんにちは。道北の早朝は寒かったです。湖水は少し温く感じましたので時期が少しだけ早かったかもしれません。沖では数回跳ねており、雰囲気はありましたよ。私ボンズでしたのでhataさん、仇とって下さい。
Android

≫ By hata
10-09 15:59
かきさん、朱鞠内湖MAXお疲れ様でした。支笏湖同様、相変わらず厳しい湖の様ですね(汗)急激な気温低下でしたので体冷えませんでしたか?自分は明日、打ちのめされに行ってきます。



[PR]
by kaki1225h | 2016-10-08 23:58 | Comments(0)

2015.10.10 風雲 朱鞠内湖

大型の台風が温帯低気圧に変わったのは先日のことだ

道北の森は強風が吹き荒れていた

車は走る。二人の釣り釣り師を乗せて。枯れ葉舞う一本道を。



e0363490_15161880.jpg




朱鞠内湖の女神が微笑んだのは、ブルーロビンと呼ばれる小さな森のような陸地でのことだった

8時すぎ、岩盤の湖底、type.Ⅲでカウント15だった

恋い焦がれた朱鞠内のイトウ、サイズは70cm

素晴らしいロケーション、そして遠くからネットを持って駆けつけてくれた友人に感謝の気持ちを



e0363490_15172792.jpg




風はますます強く吹きつける

岸辺に高波が打ち寄せ、濁りが広がっていく

フライ、ルアーの二刀流の友人はそれぞれでアメマスを釣ったようだ

予定はマックス。迎えのボートを呼んだのは昼すぎ。夜討ち朝駆けしてきた二人にマックスは少しキツかったようだ

ボートのエンジン音が微かに聞こえてくる

ラストキャスト。ラインが伸びたその先には、束の間の青空を虹が彩っていた



e0363490_15175819.jpg








comments 💬

≫ By かきさん
10-12 23:38
hataさん、こんばんは
朱鞠内湖もイトウ釣りもビギナーですので、たまたま回遊とキャストのタイミングがあったようです。
今回の釣行は強風に雨とハードなコンディションでしたが、支笏湖同様荒れると釣れると信じてロッドを振り続けた甲斐がありました。
私には10年早いですが、一緒にメーターオーバー目指しましょう!
≫ By hata
10-12 21:31
朱鞠内湖の本命イトウおめでとうございます。自分も毎年5月と10月に一回ずつ通ってますが、目標のメーターオーバーには程遠い釣果です(>_<)かきさんサクっと70ですと次回は80~90釣っちゃうのでは!




[PR]
by kaki1225h | 2015-10-10 23:58 | Comments(0)

2015.9.21 朱鞠内湖.MAX

朱鞠内湖。湖畔を包んでいる夜が、まもなく明けようとしている

夜明けと共にボートに乗り込む
初めてのフィールドに胸が高まったのは友も同じようだった




e0363490_01322348.jpg





正直キビシイです

漁協の方の言葉通りで、湖水に手をつけると明らかに温い

それでも少なからず期待していた早朝のプライムタイムは、イトウの気配は感じられないまま時間が過ぎていった

ボートに同乗した3名のルアー組は昼で、しばし一緒にロッドを振ったフライ師は昼を待たずに迎えのボートで去って行った

シーズンインしていない時期尚早の湖、粘る釣り師は僕らだけのようだ

今回、漁協の方のはからいで2ヵ所のポイントで釣りをさせて戴いた
早朝から夕方まで…マックスと呼ぶようだが、たいした休みもとらず黙々とキャストを続けていた。およそ11時間だ(笑)

午前に友のロッドにズンと衝撃がのったようだが、フッキングが浅かったのか間もなく外れてしまったようだ
また私のキャストしたフライの横を大きな背中が通り過ぎていったり…そんなこともあって長時間モチベーションを保てたのだろう

初めて挑んだ朱鞠内湖、時の経つのも忘れて没頭してしまったようだ

夕暮れの湖面を疾走するボート。顔に冷たい風を感じながら、短い秋の1日を少しだけ疎んでみるのだった




e0363490_01333058.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2015-09-21 23:59