タグ:支笏湖 ( 66 ) タグの人気記事

2017.4.16 支笏湖.長丁場

今日も支笏湖、少しだけ朝早めの時間に小さな沢を下った。すれ違ったの方の話では魚っ気はあるようだ。
思ったより波風がない。こんな状況に備えて持ってきたシングルロッドは車に忘れてきてしまった。ダブルハンドを振るには湖面がおとなしすぎる。スカジットラインは選択肢から外すしかなさそうだ。

e0363490_18252576.jpg

Ken Cube.type.Ⅱのシューティングスペイライン。いつものスカジットマックスと違って12.5mと長めで、太さはシューティングヘッドと変わらない。手持ちのロッドとはミスマッチだったらしく、この細くて長いラインを操るのはいつも難儀している。この日の為に巻いてきたマドラーゾンカーをふたつ繋いだようなビックフライは、ターンすることなく落水していく…なるべく投射性のよいフライを結ぶしかないようだ。
やがて湖は強い北西の風に吹かれていった
e0363490_19020023.jpg

押し寄せる波が岸を洗う。時にロッドが降れないほどの風が左前から吹き付けた。キャストの距離は25mが限界だ、丁寧に丁寧にリトリーブを繰り返した。朝の7時前には湖岸に立った筈、時間はまもなく15時、今日も長丁場の釣りだ。徒歩移動の3ヶ所目に、待ちに待った生命感がライン越しに伝わってきた
e0363490_19180915.jpg

ギラギラした体色のブラウンは47㎝。最初に感じた重い引きは本当に最初だけだったようで、その後はあっさりと寄ってきた。今回もそうだがダブルハンドを握る時はいつもランディングで手間取ってしまう。そろそろハンドル部の長いネットを新調しないと…。
こんな荒れた湖ならモンスタークラスが姿を見せるかもしれない…その後もしつこくロッドを振るものの、波風が徐々に体力を奪っていく。そして16時すぎ、燃えつきました。
[PR]
by kaki1225h | 2017-04-16 18:03 | Comments(6)

2017.4.9 支笏湖.シングルロッド

南岸の斜面を下ったのが8時、湖岸は予報とは違う右からの風に吹かれていた。ロッドは2本、先にガイドにラインを通したのはシングルのロッド。バックのとれない岩場だがブレイクラインはすぐそこだ。僅かなスペースで近距離のキャストを繰り返した。
フローティングラインでのリトリーブ。岸から10m程のところでラインにズンと重みが乗った。
e0363490_17470505.jpg

ロッドは9feet♯6、修理中の♯8の代打だ。何故かバレる気がしなく、写真を撮りながらのやり取りを楽しんだ。
e0363490_18001936.jpg

55㎝、やけに口の大きなブラウンだった。時計を見ると9時、まだ1時間しか経過していない。もう1匹…欲をだして奥の断崖ゾーンまで進んでみるとしよう。
e0363490_18145903.jpg

青空が広がると北西から強めの風が流れてきた。波が向きを変える。さすがに6番のフローティングラインでは太刀打ちできなくダブルハンドのロッドに持ち変えた。近場を荒らしてしまいそうだがスカジットラインでのキャストで午後の部へ突入だ。
あれから7時間、徒歩移動を繰返し、肩と腰が痛くなるまでロッドを降り続けて生命感はゼロだ。幸先良く1匹釣れたものの、その後の長い長い無反応タイムが何故か敗北感のようなものをただよわせていた

[PR]
by kaki1225h | 2017-04-09 18:43 | Comments(6)

2017.4.1-2 支笏湖.参加賞

週末は支笏湖へ。初日の土曜は南よりの風。雪の斜面を下りてワンキャスト目、何故かロッドティップがクシャッと折れる。シングルのロッドでブレイクを探る作戦は戦わずして破れ去ってしまった。ダブルハンドロッドに持ち変え、ブレイクラインの沖を狙うしかないようだ。前回はカスリもしなかった釣り方なだけに幸先不安なスタートだ。
e0363490_14330796.jpg

湖岸が急激に落ち込んでいくドン深の湾、そのボトムを引いてくる。いくら沈めても根掛かりひとつしないのは底をとれてないのだろう。フローティングのスカジットラインで3月の支笏湖に挑むのは分が悪かっただろうか。右からの風が強さを増す。鱒の気配は全くない。ライズのひとつも見ることなく、4時間が過ぎた。また明日こよう…心なしか諦めが早くなったような気がした土曜の午後だった
e0363490_14591549.jpg

雪の湖岸を歩く。日曜の支笏湖は左からの風が吹いていた。今年初めての橋を下りるポイント。数回キャストして少し移動を繰り返す。今日も4時間の釣り、過去のヒットポイント数ヶ所にtype.Ⅲのフルラインを通していく。
e0363490_15151215.jpg

他のフィールドに浮気せず2日間訪れた支笏湖からささやかな参加賞を頂く。小さいけど支笏湖の虹鱒。もしかしたら努力賞か、ロッドを折った残念賞かもしれないなぁ…そんなほっこりとした週末だった

[PR]
by kaki1225h | 2017-04-02 13:45 | Comments(4)

2017.3.25 支笏湖.完敗

気になっていた美笛エリアに車を寄せた。思っていた以上に水位が低い。バックスペースを気にする必要もなく、オーバーヘッドでのキャストで終日ロッドを振った。
e0363490_18565235.jpg

11時に湖岸に立ち、すでに3時間が過ぎた。フックにかかるのは水草ばかり…ライズを見たとか反応があったとか、そんなものは全くない辛い時間がやけにゆっくり流れていく。夕暮れの少し前、風が出てきた。僅かだが右への湖流ができている。何かが起こるなら今しかない…そんな思いも虚しく、最後まで支笏湖の鱒はかすりもしなかった。

♯10 KenCube type.Ⅱ

[PR]
by kaki1225h | 2017-03-25 18:47 | Comments(4)

2017.3.19 支笏湖.心残り

週末は支笏湖に行こうと決めていた。大物を釣ったとかバラしたとか、そんなホットな情報が飛び交っているものだから行かずにはいられない。
だけどそんな話題を耳にして挑んだ支笏湖で待っているのは、アタリもなくカスリもせずの全くの無反応タイムだというパターンは嫌と言うほど味わってきた。今回もきっとそうなのだろうから、気負わずに好きなリトリーブの釣りを楽しもうと思う
e0363490_18075923.jpg

午後の南岸は北よりの風。やや高めの波が岸に押し寄せている。何時ものスカジットスタイル、ティップはtype.Ⅲを選択、深めのレンジを探っていこう。
気温は終始プラスで推移したはずだけど、吹き付ける風が指先の体温を奪っていく。そして2時間の無反応タイムは集中力を少しずつ奪っていった。
e0363490_18090177.jpg

奥にいたルアーマンが引き上げていく。聞けば奥も反応はないらしい。すっかり減水した湖岸を歩き、徒歩移動を2回試みるも何も起こらないままタイムアップの16時を迎えた。
気になっていたあのポイントや、少し歩くけど釣れる可能性の高いあの場所でロッドを振っていたらどうだったのだろう…。湖を取り巻くコンディションがよかっただけに、心残りがしてならなかった。

[PR]
by kaki1225h | 2017-03-19 18:51 | Comments(4)

2017.1.9 支笏湖.原動力

季節外れの雨が雪に変わった。支笏湖南岸の路肩に数台の車を見る。1月の支笏湖はシーズンオフという訳ではないようだ。湿った雪をギュッと踏みながら同志の足跡を辿っていった

e0363490_17183636.jpg


駐車スペースの関係であまり来ることのないポイントに入ってみる。慣れない場所だ、少しは集中力が維持できるだろう。
いつものスカジットラインにtypeⅢのティップ、凪の湖水へキャストしたならカウントダウンを長くとったり短くとったり、リトリーブ早くしたりスローにしたり…それを延々と繰り返す過酷な釣りが続いた

e0363490_17285095.jpg


湖岸に立ったのが11時すぎ、心が折れかけた15時に初めてライズを見る。もうあがろうと思っていたのに意地悪なライズだ。しかも2回。鱒の向きは左だ。距離はフライラインではちょっと届かない。それでも今日初めて見る生命感を前にロッドを畳む訳にはいかなかった。
更に1時間を費やしてからようやく止める決心をつける。湿った雪に打たれて上半身は濡れ鼠だ。釣りをしない人がこの光景を見たらどう思うのだろう…きっと支笏湖アングラーにしか分からない何かが心の中にあるのだと思う


[PR]
by kaki1225h | 2017-01-09 17:05 | Comments(8)

2016.12.18 支笏湖.苦行

西からの強い風が体を押す。プラス気温とはいえ、風が抜ける度に体温が奪われていくのを感じる。
支笏湖南岸。どう釣るのではなく、どれだけ我慢できるか、そんな釣りだった

e0363490_16281542.jpg


生命感の欠片も感じられないのは想定通り。めったに使うことのないフルシンクのシューティングスペイラインを振ってみる。KenCube・type.Ⅱ、着水が静かでリーダーがガイドに入る直前までリトリーブができるが、この場所ではブレイクラインで根がかりが多発してしまう。いつものフローティングのスカジットラインにtype.Ⅲのティップをつなぎ、再びロッドを振った


e0363490_17420527.jpg


10時からの4時間、辛く長い無反応の時間だった。こうなることは分かっていながら、休日を過ごすフィールドに支笏湖を選択した。おそらく、ここを訪れるのは今シーズンラストだろうから。
湖岸に押し寄せる荒波、吹き抜けていく冷たい風…今年も支笏湖は厳しかった、そんな例年恒例となっている言葉を小さく呟きロッドをたたんだ


[PR]
by kaki1225h | 2016-12-18 16:05 | Comments(4)

2016.12.4 支笏湖.午後の南岸

いつもの南岸に立ったのが昼の12時。昨晩、気持ちが入りすぎたのか、目が冴えてなかなか眠れなかったのが今日の敗因だろうか

e0363490_20022789.jpg



予報とは違う西よりの風がそよそよと吹いている

右への湖流に逆らうように左向きのライズが2回、リトリーブする左手には湖流のテンションを強く感じる。早くも緊張感マックスの釣りが始まった


e0363490_19442486.jpg


リトリーブされるフライの後ろあたりでライズ、手応えはない。岸近くまでフライを追ってきて反転し、去っていったのだろうか…そんなことが2回あった

もう少し波があれば…の思いもむなしく夕方の少し前には波は落ち、湖は凪に包まれた

降りだした雨、暮れゆく日、どうやらロッドをたたむしかなさそうだ

今度は早起きしてこよう、夕暮れの湖を背にそんな言葉を呟いていた


[PR]
by kaki1225h | 2016-12-04 19:28 | Comments(6)

2016.11.27 支笏湖.虹鱒


支笏湖へ車を走らせたのが9時、4時にセットしたアラームは知らぬ間に止めたらしい

途中、道路から転落し横転してる車をみる。焦らずゆっくり走ることにしよう

盛況といっていい支笏湖、どこも車が複数台停まっている

入る場所は前日から決めていた。小さな駐車スペースに車を滑り込ませ斜面を下りた



e0363490_17483579.jpg




南東からの風が湖面を揺らしている

今日は歩く釣りはせずに杭となってキャストを繰り返そう 

フローティングのスカジットラインの先に15フィート.typeⅢのティップ、リーダー&ティペットは合わせて15フィート程、カラフルで太いラインからフライまでの距離を長めにとる

岩盤の上に立ち、度々ブラウンを見かける沖に向かってロッドを振り続けた







e0363490_17510722.jpg






時間はまもなく14時になろうとしている

風がやみ、波が落ちた。辛い状況が訪れたのだが、表層でクンクンと反応が1度、見えたライズが2回…予想に反して鱒の活性が高まっているように思えた

さほど沈めずにスローにリトリーブされるラインに生命感が伝わる。40㎝程の虹鱒だった。

信じていることがある。このサイズの虹鱒は連続してヒットすることが多く、その後はボトムでブラウンが釣れると。

狙いは大型のブラウン、それまで結んでいたモンタナマラブーを重量たっぷりのゾンカーにチェンジ、可能な限り深いステージにフライを送りこんだ


10分程が過ぎ、ラインを引く左手にゆっくり重みが伝わる…沖の深いレンジでグォングォンと

すんなりと寄ってきた鱒が水面に姿を現す。
レッドバンドが一瞬見え、そこからランドまで長い時間を要することになる




e0363490_17513966.jpg





ネットインを諦め、浅場に誘導し勝負をつけた

メジャーをあてると57cm、ロケットのような魚体に惚れ惚れしてしまう

辛く厳しいばかりの支笏湖の釣りだったけど、この虹鱒が全てを忘れさてくれた気がした


スカジットマックス フローティング
ティップ type.Ⅲ









comments 💬

≫ By かきさん
11-30 12:11
すやさん、ありがとうございます。素晴らしい魚体でした。やられっぱなしの支笏湖でしたが、シーズンラスト直前の出合いに感謝です。肩の力を抜いて平常心がよかったのかもしれません。すやさんも是非いい出合いを!
Android

≫ By すや
11-29 23:39
おめでとうございます。
完璧ボディのレインボー羨ましい限りです。
これがあるから支笏湖は止められませんね。
ボクは今シーズンすべて修業ほぼ決定です・・・。
pc

≫ By かきさん
11-27 20:46
hataさん、ありがとうございます。1匹目は定番の表層ちょっと下でした。2匹目はヘッドがフローティングなので沈んでも3~4mかと思います。寄せるまではデカブラかと思ってました。ファイト中に虹鱒と分かってからは、バラシ恐怖のストレスなのか胃にきました(笑)
Android

≫ By hata
11-27 20:30
かきさん、おめでとうございます(^-^)凄いですよ!このシコ虹!(^^)!あ~羨ましいです。何だかニジの層が分からなくなってきました。こんなの自分も釣りたいですよ!
pc

≫ By かきさん
11-27 19:55
koikoiさん、こんばんは。寝坊して10時~の釣りでしたが、いいタイミングで入ったのかもしれません。4時間ずっと無反応で14時から回遊があったように思います。また長期のボンズ期間に入る可能性大ですが…^^
Android

≫ By koikoi
11-27 18:59
かきさん、
ずるいですよ~~(*^^*)
いや~本当におめでとうございます!!!
是非あやかりたいものです。
あたしは、昼からでしたが今日も修行でした(T_T)


[PR]
by kaki1225h | 2016-11-27 20:40

2016.11.22~ シコナイツ

11月、夜の支笏湖強化月間が始まった

意気込んだのは最初だけ。寒い夜はまっすぐ帰宅し、風が強ければ釣行を断念。そんなこんなで、まだ3回… 早くも今回がラストの可能性大だ


初日は気になっていた500m程の区間を調査してみる。
日中の釣りでいくつもの宿題をもらってる場所だ。

シングルロッドで岸近くのみを細かく静かに探る。

程々の波。月明かりの中、鱒は岸近くにいると想定し気配を殺してロッドを振った

行きは水面絡み、帰りは水面下。徹底した近場狙い

鱒の気配すら感じられずに3時間の調査を終える


e0363490_06105773.jpg



2日目はスーパームーンが更にスーパーに輝くとかで騒がれた夜。
小さなライトの灯りを頼りに斜面を下りる

曇っているのか、それほど月の存在感は気にならなかった

前回と同じ区間をダブルハンドで釣る。
やはり行きは水面絡み、帰りには重いフライを沈めてみる

岸近くには目もくれず、できるだけ遠くへフライを送り届けた

この日も3時間、全くの無反応。
多少だが波はある。いないのか、いても食わないのか…

初日にすれ違ったルアーマンは40と60クラスを釣ったと話していたのを思い出す。
たったの2日間で結論はだせないが、この時期、この区間はフライロッドを振るべきではないと思うことにしよう


e0363490_06122873.jpg



3日目。グローブのいらない暖かい夜だった

今夜の調査地点は少し東側。
伸ばした手も見えぬ程の漆黒の闇。
足下の沈み石に何度もつまづく

ダブルハンドでのスカジットキャスト、頭上の木の枝が見えずラインが絡まること数回、こんな釣りにが嫌気がさす

しとしとと絡み付く雨が風雨に変わったところで心が折れた

僅か1時間で撤退。年内に夜の支笏湖を訪れることはもうないだろう


e0363490_06134713.jpg



今夜がヤマだ

4日目、何故かまた夜の支笏湖に立っている。
見えないストレスに加えて、ガイドの凍結が精神的にキツイ

思えば夜の支笏湖に入門したのは仕事後の楽しみが欲しかったからだ。
モンスタークラスが釣れれば尚良いのだけど、ボンズでさえなければいいだろうと何時も思っている

そのボンズがこうも続くと竿を畳むに畳めない。そんな4日目の夜も何も起こらず、トボトボと帰りの道を歩く

鱒は全く釣れなかったけれど、せめてこの経験が無駄にならなければと切に願う










comments 💬

≫ By かきさん
11-23 23:09
Koikoiさん、こんばんは。ナイトは仕事後に直行してます。行きそうな時は道具を車に積んでおいて、仕事が早く終わる&気温が高めの条件が揃えばゴーです。家族にはあえて話してません…聞かれてないので(笑)。飲みに出掛けたり、パチンコ行くよりは健全かなと思うようにしてます^^
釣りの時間は19~21時位が多いです。

≫ By koikoi
11-23 22:00
かきさん今晩は!
シコナイトお疲れ様です。
難しいですね~ショートバイトもなると
ポイントなんでしょうかね?
これがわかれば苦労はしないですよね(笑)
ところで、かきさんはシコナイトやるときは
仕事からまっすぐなんでしょうが、何時ぐらいまで
なんですか?
毎夜、毎夜遅いと、奥方からの攻撃は大丈夫なんでしょうか?(笑)
自分は、とてもナイトは無理ですね。むしろ朝一は
以前やっていたこともありますが・・・



[PR]
by kaki1225h | 2016-11-22 23:59