<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016.12.18 支笏湖.苦行

西からの強い風が体を押す。プラス気温とはいえ、風が抜ける度に体温が奪われていくのを感じる。
支笏湖南岸。どう釣るのではなく、どれだけ我慢できるか、そんな釣りだった

e0363490_16281542.jpg


生命感の欠片も感じられないのは想定通り。めったに使うことのないフルシンクのシューティングスペイラインを振ってみる。KenCube・type.Ⅱ、着水が静かでリーダーがガイドに入る直前までリトリーブができるが、この場所ではブレイクラインで根がかりが多発してしまう。いつものフローティングのスカジットラインにtype.Ⅲのティップをつなぎ、再びロッドを振った


e0363490_17420527.jpg


10時からの4時間、辛く長い無反応の時間だった。こうなることは分かっていながら、休日を過ごすフィールドに支笏湖を選択した。おそらく、ここを訪れるのは今シーズンラストだろうから。
湖岸に押し寄せる荒波、吹き抜けていく冷たい風…今年も支笏湖は厳しかった、そんな例年恒例となっている言葉を小さく呟きロッドをたたんだ


[PR]
by kaki1225h | 2016-12-18 16:05 | Comments(4)

釣りの小話.28【ナイトクラブ】

e0363490_12292262.jpg


支笏湖ナイトクラブを発足して数年がたつ。会員は1名だ。
当会の主たる目的はブラウンの生態調査であるが、時には病んだ心の健常化だったり、メタボ体質の予防も担っている。
当会の活動時間は定まっていない。休日にめぐまれなかったり、昼間の仕事で身も心もボロボロになった時に実施される事が多い。現地集合がルールだ。
当会の会員であることは家族には話していない。聞かれていないことを話すのは野暮だと考えている。


e0363490_12363766.jpg


今期の活動はほぼ終了。目的を達することは多分今後もないのだろうけど、支笏湖のブラウンのことが少しだけ分かった気がする。日中の長い無反応タイムの中では得られないものが、夜の釣りで見つかることもあったように思う。

話のネタも出来たように思う。不思議な光を見たり、動物の鳴き声に退散したり…。ティペットから先が無い状態で釣りを続けてたこともあったっけ。

ルアーの威力にも誘惑された。フライで散々無反応だったところでルアーであっけなく釣れるのを見たときには危うくルアーロッドを買うところだった。


最後に当会に入会希望の方に近況をお伝えする

月明かりの中で、時には伸ばした手も見えぬ闇の中でスカジットラインを操り、ただ静かに音を聞いている。森の音を。夜の音を。

e0363490_12373040.jpg

[PR]
by kaki1225h | 2016-12-06 11:21 | Comments(4)

2016.12.4 支笏湖.午後の南岸

いつもの南岸に立ったのが昼の12時。昨晩、気持ちが入りすぎたのか、目が冴えてなかなか眠れなかったのが今日の敗因だろうか

e0363490_20022789.jpg



予報とは違う西よりの風がそよそよと吹いている

右への湖流に逆らうように左向きのライズが2回、リトリーブする左手には湖流のテンションを強く感じる。早くも緊張感マックスの釣りが始まった


e0363490_19442486.jpg


リトリーブされるフライの後ろあたりでライズ、手応えはない。岸近くまでフライを追ってきて反転し、去っていったのだろうか…そんなことが2回あった

もう少し波があれば…の思いもむなしく夕方の少し前には波は落ち、湖は凪に包まれた

降りだした雨、暮れゆく日、どうやらロッドをたたむしかなさそうだ

今度は早起きしてこよう、夕暮れの湖を背にそんな言葉を呟いていた


[PR]
by kaki1225h | 2016-12-04 19:28 | Comments(6)

ブログ移転しました


旧ブログより引っ越ししました。


今後とも宜しくお願い致します!



e0363490_00191263.jpg


旧ブログの記事は、随時、新ブログに移転してます。
暇があれば…ですが。


[PR]
by kaki1225h | 2016-12-04 00:18 | Comments(2)