<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

釣りの小話.26【熊談話】

ここ数年は共に釣りに出かける友人が2人

向かうフィールドは季節によって概ね決まっている。それぞれが単独で釣行する時も、定番となっているフィールドへ足を運ぶことが多い

山で熊に会うのは怖い。でも遠くからその姿だけでも見てみたい。安全なところから...そんなふうに考えていた


e0363490_01555811.jpg


友人2人は計4回、熊に遭遇している。なのに同じ釣り場、同じ季節に釣行する私はその姿すら見たことがない

ある時、友人達から熊との遭遇談を聞いた。興味津々で聞いみたのだが、野生の熊をちょっと見てみたいなどという軽い考えは次第にしぼんでいった

2人の話を要約すると、必ず1人の時に遭遇している、鈴を装備していても遭遇している、誰もが入る釣り場での遭遇と、かなりデインジャーな内容に少し背筋が冷たくなった

特に鈴。こちらの存在を知らせる為、3人ともおよそ鈴とは思えない金額のものを装備している。小心者の私などは、違う音色のものを2つぶらさげて山に入る。かなり邪魔なのを我慢してだ。

ある夏の日、友人がジャリーン、ジャリーンの音とともに林道を歩いていた。見通しの悪いカーブを曲がったすぐ目前に熊が座っていたという。若い小型の熊は友人と目が合った瞬間に凄いスピードで藪の中へ消えていった。そんな経験を2回したという。

大きな熊も友人の前に姿を現している。季節になるとラフティング一行が何隻も下っていく流れがある。1人釣りあがっていた友人の50m程上流を熊が横断したという。こちらには気が付いていないようで、即引き返した友人が言う「あれはデカかった」。まるで大きな鱒をバラしたような口ぶりだった

たまたま鈴もカウンターアソールトも身に着けていなかった友人の少し下流にも熊が現れた。子連れの熊だ。対抗手段を持っていなかった友人の心拍数は一気に跳ねあがったといい、即座に撤退した車までの道程は生きた心地がしなかったという

熊が人の存在に気がついた瞬間に逃げ出すパターンと、熊が気づかず(もしかしたら気がついているかも)こちらが引き返すパターンがあったようだが、熊が接近してこなかったのは何よりだろう

以前は鈴、カウンターアソールト、鉈の3点セットが山に入る標準装備だった私だが、近年、何も持たずに山深くを釣リ歩くことが度々ある

友人達の熊談話は、そんな私の薄れかかっていた緊張感をギュッと締め直してくれたのだった


[PR]
by kaki1225h | 2016-08-29 23:31 | Comments(0)

2016.8.28 オホーツク.波音


台風の影響はどれだけ残っているのだろう

おそらく今シーズン、ラストチャレンジとなるであろう道北の樺太釣り

道央道を北上する友の車に揺られながら、寄せては返すオホーツクの波音を思い出していた



e0363490_22303920.jpg



海岸への小道に車を滑り込ませたのは、夜もすっかり明けきった頃だった

心配していた海の色はややグレー色、むしろフライに支障がありそうなのは右からの風と波だろう

お目当ての河口は釣り師達がずらりとならんでいる。広がった流れ出しに波が入り込んでおり、その少し上流側では次々と樺太鱒が釣りあげられていた

果たしてそこは海なのか、それとも川なのか…そんな微妙なスポットでのみ釣果があがってるようだった



e0363490_22310828.jpg



海と川が正しい位置関係にある2ヶ所目の河口域へ

小雨ぱらつく海岸線に時折鱒の群れが訪れるが、ラインが波に揉まれるばかりで、まともに釣りをしている感覚ではなかった

樺太シーズンの終わりは僕らにとって夏の終わりを意味する。笑顔でラストを締めたい気持ちも空しく、何も起こらないまま早朝は朝になり、やがて昼へと変わっていった

帰路につく車の助手席に重い腰を落とし目を閉じる。耳のずっと深いところで、ザザーンと押し寄せる波の音が、遠い思い出のように寄せては返していた










comments 💬

≫ By かきさん
08-29 12:08
koikoiさん、こんにちは。今回も厳しいオホーツクでした。海と川の境界線は難しく、波が入ってきてる部分は海になるのでしょうか…あきらかに川側では検挙されるのでしょうね。この日はルアーは好調だったようで、フライには手厳しい1日でした。
来年は知床を予定してます。

≫ By koikoi
08-29 00:41
かきさん今晩は!

>果たしてそこは海なのか、それとも川なのか…そんな 微妙なスポットでのみ釣果があがってるようだった

私たちは、そこが海だ!というポイントで釣りましょう!
かきさんのお気持ち察します。昨今もそうでしょうが、あまりにも釣果優先で何もかもが、見ていないから「大丈夫」という輩に嫌気がさします。釣れても釣れなくても清く行きたいものですね!
お疲れ様でした!!!



[PR]
by kaki1225h | 2016-08-28 22:21 | Comments(0)

釣りの小話.24【恥ずかしい話】


恥ずかしかった話を少し


若い頃の話だ

当時、職場の仲間達は冬となると、こぞってスノーボードに出かけていた

友人の友人だとかが参加したり、彼氏彼女を連れたりして、けっこうな人数となっていた。複数台の車に便乗してワイワイと出かけるそれは、若者達の冬の正しい過ごし方だったように思う

友人達からのボードの誘いを何らかの理由をつけて断り続けた私は、決して釣りに行くからとは言わなかった。方や男女でワイワイと楽しい時間を過ごし、方や寒風の中で釣り…当時はこの差がなにか後ろめたいというか、負のイメージのようなものを感じていた

けっこうな降雪だった週、彼ら一行は車2台でボードに出かけるという。いつものように誘いをかわした私は支笏湖へと向かった

厳寒気の湖、駐車スペースもままならず湖岸への道程も厳しい

あらゆるものが凍りつき、帰りの斜面ではモコモコに着膨れした釣り師は何度も転んだ

息をきらせながら道路に這い上がった真っ白のモコモコの前を車が通りすぎる

彼らだった

運転席の友人と一瞬目が合い、しまった!と思う間もなく、続く2台目が通りすぎた

アイツ ナニヤッテンダ

笑いのネタを提供され、車内は大いに盛り上がったことだろう

この日もボンズだった



このブログにも少し恥ずかしい記事がある

忘れもしない2014年。毎々更新するのが億劫になり、そろそろやめようかと考えていた

この記事で終わろうと決意し、皆さんお元気で!何処かで会いましょう と締め括った

その数日後には何もなかったように記事が更新されていたという
そんなとっても恥ずかしい話である


e0363490_10210660.jpg




[PR]
by kaki1225h | 2016-08-28 10:00 | Comments(0)

釣りの小話.23【光】


支笏湖。夜の話だ

不思議な光を見たことがある

小さな光と大きな光の2回だ



小いな光は蛍だったと思っている

季節は夏。1人闇の中でロッドを振っていた

その日はいつもより奥に入っていた

星は無く、東の夜空に月がぽかんと浮かんでいる  

月明かりに照らされた湖水に視線を送った。岸際の岩の間から明かりが漏れている

鮮やかな緑色の光がぽわ~んと。2ヶ所で

緑に光る要素などない。月明かりが反射して、ああなってこうなって緑なんだなと、適当な理屈をつけて納得するしかなかった
 
それは幻想的でもあり、不気味でもあった

だが釣りは続ける

道路へ上がる急斜面の流れ出しまでは遠い。ワンキャストごとに少しずつ帰りの方向に歩を進めていった

光からは離れたようだ。湾の岸際にあった光の塊はすでに見えない

相変わらず釣りは続ける。実は少し怖い

視界の隅に一筋の光、湾の方からこちらにスーッと飛んでくる

思わぬ光景に怯み、転びそうになるのを何とかこらえる

見ないほうがいいと思うものの、反射的に目で追う

緑色の小さな光は私の頭上を通り過ぎ、森の中へ消えていった

『支笏湖にも蛍がいるよ』

何処かで誰かに聞いた言葉を思い出す

蛍は見たことがないけども、たぶん大きさや飛ぶ速度から、あれが蛍なんだろうと思う
 
幼虫は水の中でカワニナなどを食べて過ごし、成虫は夏の夜に発光しながら飛ぶという

岸際の岩場に群れていたのだろうか

そう思わないと…



もうひとつの大きな光の話は、あまりに現実離れした話でここに書く勇気はない

頭がおかしいのでは…そう思われるに違いない

家に帰り、見たものを興奮気味に妻に話したものの全く信じていなかった。ここに記述しても、読んだ方々はきっと同じ反応だろう

どちらも1人の夜にはご遠慮願いたいものだ



e0363490_21243331.jpg





[PR]
by kaki1225h | 2016-08-27 21:12 | Comments(0)

釣りの小話.22【夜の釣り】

夜の支笏湖に出かけることが多くなった
本意ではないけれど、昼間に釣りに行けないのだからしょうがない
初めの頃は友人に連れられて。そのうち単独でおっかなびっくりしながら…今はもっぱら1人で、何も意に介せず闇に溶け込みロッドを振っている


e0363490_10222337.jpg


大きなブラウンが釣れる
当初はそんな言葉に期待を膨らませていた
夜だからといって、そんなに釣れるわけではないことも知った

夜、釣りに行くのは仕事帰りが多い
できれば難解な業務に頭を抱えた日の夜がいい
出口の見えない問題や解決出来ないクレームなどで、頭の中の思考がぐちゃぐちゃに絡まったまま帰宅はしない
そんな時は夜の支笏湖に立ち、絡まった思考回路をひとつずつ紐解いていこう
環境が思考を変えるかどうかは分からないが、普段は思いつかない発想がでてきたりもする
ラインはフローティングがいい
湖水にラインを置いたなら何もしない。ただ静かに物思いにふけよう
フライが浮いてるかどうかなど分からない。
いつもは黙って待つことなど出来ないのに、この時ばかりは待ち時間充分だ。
フローティングラインで根掛かりしてた時はどれだけ放っておいたのだろう
いきなりラインがグンと引っ張られる、そんな物思いの釣り
そんな夜が今後も続くのだろう


[PR]
by kaki1225h | 2016-08-26 10:17 | Comments(0)

2016.8.16 尻別川.slow time

山あいの小さな町を抜け、尻別の畦道に車を寄せた

空には厚いグレー色の雲、時間はまもなく10時になろうとしている

夏の蝉が1匹だけ鳴いている

ここではゆったりとした時が流れているようだった



e0363490_22053653.jpg



湿った空気を肌に感じながら、ゴツゴツとした岩場を歩く
重い流れを足に感じながらラインを伸ばしていった



e0363490_22112522.jpg




季節は8月、夏の盛りだ
本流を釣るには水が温すぎるのだろう。何の反応も訪れはしない
渓谷の岩魚釣りに行こうかギリギリまで迷ったのだが、太く重い流れをラインがスイングする時のドキドキ感が本流へ走る決め手となった
小さいのが1匹位は釣れるだろう

ポツポツと雨粒が落ちてくる。

1匹だけの夏蝉はまだ鳴いている
そしてタイムリミットの2時、ほんとうに小さいのが1匹だけだった
予定通りということで…

DH10
スカジットマックス600gr











comments 💬

≫ By かきさん
08-17 16:55
hataさん、こんにちは
攻めてはいるのですが、ロングドライブが報われない釣行が続いてます。リベンジ魂に火が入ったのですが、この雨で鎮火されそうです。週末、濁々の川にダメもとで走ってたりして・・・(笑)


≫ By hata
08-17 15:18
かきさん、こんにちわ。海に川にと攻めまくってますね(^^)北海道もこの後、台風の影響でしばらくはスィングの釣り難しそうですね。


≫ By かきさん
08-16 22:09
Koikoiさん、こんばんは
上流域の釣りも好きですが、最近は本流のスイングの釣りにはまってました。蘭越周辺でロッドを振りましたが、ほぼ沈黙…しばらくまともな魚釣ってません。。。雨、どれたけ降りますかね?増水で川がお休みになるとお互い辛いですね。


≫ By koikoi
08-16 20:48
ぬおっ!
かきさん今晩は!
行ってきたんですね!!!
やはり水温高かったですが・・・
現在、雨がかなり降っております。
これぐらいなら各河川にいい影響を与えるでしょうが、
これ以上となると・・・
トホホですよね
この絵柄は私が行かない、いえ、いけない流域ですね
いつかこういうところで、振ってみたいもんです。
まずは上流域で頑張ります!
まずはお疲れさまでした(笑)



[PR]
by kaki1225h | 2016-08-16 23:02

2016.8.13 オホーツク.夏の風物詩

ロングドライブ、ノーリターン

ひとことで言うとそんなオホーツクでのカラフト釣りだった



e0363490_23572310.jpg




いつもの河口は、2つあった駐車スペースが1つだけになっていた。なんとか車を滑り込ませ、海岸への小道を辿る

小さな川の流れ込みからやや離れて釣り座を
確保したものの、主役のカラフトマスは1度もその姿を現すことはなかった




e0363490_23563757.jpg



水面をざわつかせながら待望の群れがやってきたのは3ヶ所目のサーフだった

5~6匹の小さな群れが中心だったが、僕らの眼下を何度も何度も通り抜けていく

確かに鱒の通り道にフライが漂ってる筈なのに、食ってこない。友と二人、鱒の到来の度に歓喜し、そして決まって落胆するのだった

早朝から休憩を挟んで日没まで、カラフトマスを追い続けた

結局1バラシだけでこの日は終わってしまったのだけれども、日に焼けた肌のヒリヒリ感とずっしりと押し寄せる疲労感こそが僕ら恒例の夏の風物詩なんだなぁと思うと、少し笑みがこぼれていた



e0363490_00014515.jpg











comments 💬
≫ By かきさん
08-15 14:51
Koikoiさん、こんにちは
毎日暑いですね、釣りさぼってました。オホーツクでは有名ポイントは人、人、人…しかも鱒がいませんでした。移動した先では広大なサーフに僕ら二人だけで回遊もあり、釣れなくても夢中にはなれました。それだけでも行った価値はあったのだと思います。ヤマメ釣りも人の多さとサイズアップのハードル高くて…私既に諦めてます(笑) koikoiさんの尺ヤマメ画像upを期待してます!


[編集]
≫ By koikoi
08-15 12:58
かきさん、こんにちは。
久しぶりのupですね!
いるのに食わない。このもどかしさは
たまりませんね!
たまぁに、大海原で竿を振るのもいいかもですね。
誰もいない海岸で・・・

精神的によろしいかもです。


私の場合は、釣れない尺ヤマメを求めていますので
ある意味、ノーリターンです(笑)





[PR]
by kaki1225h | 2016-08-13 23:50 | Comments(0)