<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

釣りの小話.21【悲しいこと】

ハードな藪を漕いで流れに出た時に、ロッドティップが無くなってるのは悲しいことだ
戻ろうにも戻れない程の藪だと、更に悲しい


1人でこっそり抜け駆けした釣り場で、友人と鉢合わせした時は悲しいものだ。
お互い気まずくもある


やっと釣り上げた支笏湖の鱒。
カメラを取り出し、写そうとしたら居なくなってたのは悲しいことだ。
次があるさと思うものの、それがないのも悲しいことだ


渓流に持っていった3番ロッドが、手違いで8番だったことは悲しいことだ。
釣り終わるまで全く気がつかなかったのはもっと悲しい


十勝の積雪の河原を歩き、川まで辿り着けないのは悲しいことだ。
踏み跡がポイントまでの最短ルートを大きく逸脱してるのも悲しいことだ


不眠のドライブは悲しいものだ。
朝焼けの空や白い雲が目にしみるのも悲しい
釣りをしないで寝てしまうのは、もっと悲しい

  
嘘をつくのは悲しいことだ。
スーツで出かけてジャージで帰宅、詰めの甘さが悲しいことだ


どんな悲しいことも、時が経てば笑い話になるものだ。
前を向いて歩こう


e0363490_21170928.gif




[PR]
by kaki1225h | 2016-05-23 23:39

2016.5.13 支笏湖.at night


夜の訪れを待っている

山々の色が消え失せ、やがて黒いシルエットへと変わってゆく




e0363490_21034190.jpg




支笏湖。しばらくぶりの夜

動物の鳴き声が遠くから聞こえてくる。近くの林がガサガサと揺れている。

日が落ち、最後のひとりになると急に不安感に襲われるのは夜に順応できてないからだろうか

余計な事は考えないほうがいい

闇の中で見えないラインを操る…それだけに集中しよう




e0363490_21050632.jpg





きっと鱒は驚くほど近くにいるのだろう

岸際の倒木や岩、時には自分の後ろなんてこともある。シングルハンドのロッドで丁寧に探っていこう





e0363490_21053591.jpg





2回あったライズはいずれもやや沖目。イメージしたよりも鱒は遠いようだ

リトリーブする左手に重みが伝わること2回。なかなかのサイズが水面下でフライに反応するものの、水を蹴散らし去っていく。なかなかフッキングまで持ち込めないでいた

3度目でようやく45㎝。夜とはいえ大鱒は最後まで釣らせてもらえなかった。
恐らく昼間だとフライを追いもしないことだろう

数回の生命反応、それは支笏湖の釣りを読み解くきっかけになりそうな気がしている


シングル♯6
フローティングライン&スローリトリーブ
モンタナ:ライトブラウン













comments 💬

≫ By かきさん
05-18 12:44
シコバカさん、わざわざありがとうございます。
当ブログのトップに、小さくriversideとあります。そこを開くと、メール画面でURLが表示されます。そのURL をお使い下さい。
ホームページの管理サーバーによって、やり方が違うかもしれませんが…。
今後とも宜しくお願い致します。

≫ By シコバカ
05-18 10:38
こんにちは。
かきさんのブログ
お気に入り登録は
どうすればいいのですかね?


≫ By かきさん
05-14 20:38
hataさん、こんばんは。帰宅後は食べてゴロゴロしてしまうので、運動になると思い通ってナイトしてます。少しお腹がでてきたもので…。専ら1人が多いのでいろいろ気をつけたいと思います。
明日は朗報期待してます!

≫ By hata
05-14 20:14
お疲れ様でした。自分も昔、友人と支笏湖ナイトやったことありますが…怖くて集中できませんでしたよ(汗)かきさん暗闇の中で一人とは気を付けてくださいね(>_<)とは言えしっかり釣果上げる所はさすがの一言!自分も明日、午前だけ出撃です



[PR]
by kaki1225h | 2016-05-13 23:59

2016.5.11 支笏湖.夕暮れ時

仕事を早く片付け支笏湖へ

日没までのワンチャンス、時間は僅かだ

待つ釣りはせずに叩いて歩こう



e0363490_19221610.jpg




杭、倒木…いかにもブラウンが居着いていそうだ

小雨がパラパラと降りしきる湖面へ6番のロッドでそっとアプローチする

ラインはフローティング、静かに水面におき、そろりそろりとリトリーブ




e0363490_19225041.jpg




やはりいた。少し幼い顔のブラウンは46㎝

雨の支笏湖、19時前だった




♯6シングル
フローティング
モンタナ:ライトブラウン



[PR]
by kaki1225h | 2016-05-11 23:21

2016.5.7 支笏湖.大きな期待と小さな鱒

暗い雲が風に流されると青空が広がった

午後の支笏湖、大きな鱒を釣りたいと切に思う




e0363490_19275787.jpg





風は左右から交互に吹きつける。波も同様だ

フローティングのヘッドが表層の流れに引かれ、湖流が読めないでいた

5月も上旬が終わろうとしている。鱒はブレイクラインにいるのだろうか

4時間が経過した。この日初めてのライズを確認する。やや沖のライン、鱒は左を向いている

それまで定まらなかった釣りの方向性が見えた気がした

キャストの距離と角度を見直す。あとは投げて引くをひたすら繰り返そう




e0363490_19284631.jpg





ライズした鱒はなかなかのサイズだった。18時、リトリーブの終盤でフライを口にしたのは40㎝のブラウン。やっと手にした鱒がこのサイズとは…

次回こそは大きな鱒にお相手願いたいものだ 


スカジットマックスF600gr
ティップ: type.Ⅲ
モンタナ:ライトブラウン










comments 💬

≫ By かきさん
05-08 21:05
hataさん、こんばんは。いつもと違う場所の為、魚がどこから来るのか分からず、また波風も定まらず不安だらけの釣りでした。居着きと言われるブラウン狙いでしたが、ブレイクゾーンには居ないような…これからなのでしょうか?フライはゾンカー系基本でたまにモンタナなど使います。いれば何でも釣れるかもしれませんが。hataさん、支笏湖これからですよ。

≫ By hata
05-08 20:55
かきさんお疲れ様です。またしても釣りましたね(^-^)40クラスでも、釣れない湖では貴重な一本ですよ!状況の読みが釣果に表れているのですね!(^^)!勉強になります!自分もモンタナ使ってますが…ダメなんです(涙)
[PR]
by kaki1225h | 2016-05-07 22:26

2016.5.1 気の向くままに

ゴールデンウィーク
この時期の引出しの少ない僕らには毎々微妙な釣りの旅となっている

例年、西へ東へとフィールドを彷徨い、ドライブだけで終わった年もあった

今日は久しぶりの友との釣りだ。気ままにいこう




e0363490_15442002.jpg




山上のダム湖
木々が覆い被さる悪路を新車で走った報いはなかった




e0363490_15450144.jpg





桜鱒はいるのだろうか

ルアー師達に混じってフライロッドを振ったサーフ

出迎えたのは海雨と呼ぶにはあまりに小さいイワナ君だった

友のロッドにはグッドサイズの海雨。お見事です!

そんな気ままな釣りの旅も悪くなかった



[PR]
by kaki1225h | 2016-05-01 23:43