<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2015.11.11 支笏湖.流れ星

今夜2つ目の流れ星。時間は21時をまわった

支笏湖南岸。気温は3℃

真っ黒な足下に注意しながら左へ左へと歩をすすめた




e0363490_15092106.jpg





最初に粘った大岩のある倒木のポイントまで戻った

岩の手前でヒット、鱒はずいぶん浅いところまで入ってきていたようだ

ロッドがグングンのされた後、フッと軽くなる

あぁ!

暗闇の湖に悲痛の声が響く


今夜3つ目の流れ星が西の彼方へ消えていった



[PR]
by kaki1225h | 2015-11-11 23:59 | Comments(0)

釣りの小話.16【怖いもの】

山へ海へと走りまわる釣り師には常に危険がつきまとうものだ

「危ない目にあった」

聞けばある友人は増水の渓流でバランスを崩し、下の淵まで流されたといい、
またある友人は熊に数回遭遇しており、その体験を話してくれた
よく耳にする噂を実際に支笏湖で味わった友人の話は、私の持つ人並みの臆病風を強風の域にまで拡大させた


無茶を無茶だと思わない無謀者の私は、熊の痕跡などは気にもせず釣りを続け、岩盤にへばりつき増水の渓を何度も遡行した

このての人間は実際に痛い目にあわないと分からない性分なのだ

そしてある日、痛い目は満を持して私の下にやって来た

つい最近、十勝からの帰り道での出来事だ
晩秋から初冬に移り変わる、そんな季節だった
霧の峠を慎重に下り、国道へ合流すべく車を走らせていた時だ

完全に油断だった

すぐ前方に大きな鹿が見えたと思った時には既に遅く、右に急ハンドルをきるのが精一杯だった

キィーとタイヤの鳴る音、そしてドゴンと衝撃音が響いた

とっさに右に飛んだ鹿との正面衝突だった

車を停め振り返ると鹿の姿は見えず、代わりにフォグランブがひとつ道に転がっている…
恐る恐る車のフロント部をのぞき込む
ボンネットはくの字に折れ、左側が砕けたバンパーを目で追うとフェンダーからドアまで衝撃が走ったことがはっきりと確認できた

30万コースといったところか

ほんの1、2秒気がつくのが早ければ回避できたのかもしれない

それからというもの、しばらくの間は道端の木々がどれも鹿に見えてしょうがなかった

そんな訳で、熊、お化けの上位を抜き、山道の運転が何より怖いものとなってしまった話である


e0363490_11353062.png



[PR]
by kaki1225h | 2015-11-10 21:58 | Comments(0)