釣りの小話.6【オン ルーフ】

うっかり者の私は、度々同じミスを繰り返してしまう

車の屋根に釣り道具を置き、そのまま走行した事が過去に3回あった

1度目は…
その日の釣りが終わり車に戻ると、私はまずロッドをルーフに乗せた。
帰り支度を済ませ、車を走らせる…

あっ!

すぐ停車しルーフを見るが、ロッドは無い…
当たり前だ、かれこれ30分は走ったのだ。
あわてて来た道を引き返し、道路に横たわるロッドを見つけた。
恐る恐る近づく…
手に取り、持ち上げた8番のロッドは私の不安を裏切ること無く、根元からクシャと曲がってみせた
このロッドの生涯で最大級の曲がり具合だった

2度目は…
走ってすぐに気が付き、事なきを得る。
軽いロッドだけではなく、リールがついてた事が幸いしたのだろう

そして3度目…
今回、屋根に乗ったのはリール単独だ。
釣り場からの帰路、峠をひとつ越えたガソリンスタンドで、それは発覚した。

屋根に何か乗ってますよ

手渡されたのはリール…
その時は早く帰りたい気持ちから、かなりとばしていた。ここまでの道中 何台の車を追い越したことか…
車の屋根の両サイドに装着されたルーフレールがいい仕事をしたようだ。ただの飾りではないという事だ
多少の傷のみで生還したラムソンのリールは、今も現役である。


過去3度にわたるルーフ置き去り事件
4度目はまだ起きていない、今のところは…

e0363490_13584107.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2010-11-30 13:57
<< 2010.12.14 洞爺湖の幻 2010.11.23 道南.2... >>