釣りの小話.10【彷徨う人影】

告白しよう。私は方向音痴である
それもヘビィがつく程の

普段、ナビに頼りきってるのが悪いのか…友人の車で行く初めての釣り場、帰りの運転は私が引き受ける
『さぁ帰りますか』と左ウィンカー
『…右だよ』
ということがあったのは1度だけではない

以前はこんな事もあった

季節は秋
道東の渓流を釣り上がり、終了地点の橋が上流に見えてきた
辺りはもう薄暗くなってきている
橋への斜面を登り車へと向かった
イブニング用のライトは持って来ていない
夕闇迫る山深い道を早足で進んだ

20分ほど歩き異変に気が付く

本当にこっちでいいのだろうか…

山道なのだから多少のアップダウンはある、だがアップが多い気がする

まさか…

いや、もう少し歩いてみよう



e0363490_04263397.jpg




その夜、すっかり日が暮れた道東の山道で、明かりも持たずに彷徨うひとりの人影があったという…


[PR]
by kaki1225h | 2011-05-12 03:10 | Comments(0)
<< 2011.5.18 山上湖の釣り 釣りの小話.8【支笏湖.釣れな... >>