釣りの小話.12【声】


友人から聞いた話だ

彼とは中学時代からの付き合いで、20年以上経った今でも互いにスケジュールを合わせて釣りに出かけたりする。
彼とは同じ職場では無い為、一緒に釣りに行くのは年に数回ほどなのだが、その分 道中の車内での会話は途切れることはなかった。

ある湖の話になった時に彼はこんな話を始めた


夕闇迫る湖水、
いつもなら釣り人の一人や二人はいる時間帯なのだが、周りを見ると自分1人だけだった。
ここは有名な湖のメジャーなポイントだ、普通なら幸運と考えるに違いない。
だが何か嫌な感覚があったという。
もしかしたら気のせいかもしれない…だが背後から確かにザワザワと気配がする

この場所は背後にある崖が急な角度で湖にささっている。いくぶん角度の緩い水辺の岩場が足場になる釣り場だ。

今の状況が普通ではないと感じた彼は、早々に帰る準備をした。
背後のざわめきはまだ消えていない…
ただならぬ気配に動揺したのか、彼はたまらず『もう帰る』と呟いた。
怖さを紛らわす独り言だったのだろう。
だがそれは、独り言では終わらなかった。
その直後、彼の耳元で…本当にすぐ耳元で、それは聞こえた

『 もう 帰るの? 』

女性の声だったという。

私もホームにしている湖の話だ。
聞かなきゃよかった、いや同じ目に遭わない為には聞いたほうがよかったのか

それ以来、この湖でのイブニングには深入り出来ずにいる


e0363490_00132495.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2014-08-09 23:32 | Comments(0)
<< 2014.8.10 幽谷の夏岩魚 2014.7.5~ 支笏湖.夜日記 >>