釣りの小話.30【熱帯魚の世界】

熱帯魚を飼っている。幼い頃から生き物を飼うのが好きで、いろいろと手を出してきたけど、今では家族の目を気にして無難な熱帯魚に落ち着いている。
一時、アクアリウムとかアクアリストなんて言葉に踊らされて、それ系の雑誌を買っては夢を膨らませ、必要以上な買い物をしたものだった。その大半は今やクローゼットの片隅で眠ってしまっているのだけど、珍しい水草を通販で買ってみたり、気に入った流木を探すのに何件もショップを回ったり…そんなことが楽しくて夢中になっていた。

e0363490_20381455.jpg


水槽の主役は色とりどりの魚達ではなく、ナマズの一種だ。彼らはボトムの物陰を好み、水面や水槽の前面にはなかなかその姿を現さない。水槽の片隅のスペースに流木と水草の組合せでジャングルを作った時は、餌の時間以外には魚を観賞できなかったものだ。
最初は同種が数匹だけの水槽だったけど、少しずつ数を増やしたり模様違いの魚を仲間に加えたりしながら季節を重ねていった。やがて産卵する魚がでてきたり、お亡くなりになるものがでてきたり、稚魚が育っていったり…そんなサイクルが小さな水槽の中で繰り返されている。
図鑑などを読むと魚の特徴や大きさが記載されているが、我が家の水槽では図鑑で最大とされるサイズを遥かに越えるものがごく稀にでてくる。モンスタークラスだ。大きな体に似合わずとても臆病で、流木の下の主になっている。
子供達のリクエストで小さくてカラフルな魚を投入したのは最近のことだ。彼らの泳層は表層の少し下、フライでイメージするとインターのライン、そんなレンジになる。水草を育ててるだけに見える水槽も少しは熱帯魚らしい世界になったと思う。


e0363490_17560811.jpg


魚達にとっては故郷である自然界で天命を全うするのが何より幸せなことかもしれないけど、天敵のいない過保護な水槽もある意味幸せなのかもしれない。水槽で生まれ、その中で一生を終える魚達に外の世界を見せてはあげれないけど、愛情だけはたっぷり注いであげたいと思っている。

e0363490_20582361.jpg



[PR]
by kaki1225h | 2017-07-17 13:34 | Comments(4)
Commented by すや at 2017-07-17 22:08 x
こんばんは。
真夏の釣行お疲れ様です。
ヒグマの恐怖に冷や汗と熱波汗かわからなくなりそうですね。

ボクも高校生のころ熱帯魚にはまり、
ディスカスとかポリプテルスとかコリドラスとか、手あたり次第飼育したことあります。
今思うと反省の気持ちの方が多いのですが・・・。
たまに実家に帰ると当時のアクアリウム(確かそんな名前)とかフィッシュマガジンとか残っていて
昔に帰って読みふけったりしてます。
無心にえさを食べるコリドラス達なんか癒されますよね。
パンダとステルバイでしょか?
Commented by kaki1225h at 2017-07-17 22:46
すやさん、こんばんは。熊らしき鳴き声はヒヤリとしました。なにせ本物を聞いたことがないので、なんとも言えませんが…心臓がバクバクしました。熱帯魚はパンダがメインでステルバイとジュリーが少しです。卵が孵化した時は感動しました。すやさん、ディスカスとかポリプとか!上級者なんですね!
Commented by rize4 at 2017-07-18 18:10 x
こんにちは

魚の行動。みてると楽しいですよね。

私も水族館に行くとつい泳層とか見ますよ^_^
海に行き偏光グラスをかけるとあの岬状のブレイクの下に大型のウニが…とか想像してしまいます。
良いしゅみをお持ちなんですね^_^
Commented by kaki1225h at 2017-07-18 19:02
rize4さん、釣りでもない記事にコメントありがとうございます。釣り人が水族館に行くと視点が違いますよね(笑)。支笏湖に潜ってみたい願望がありますが、ボートからみた湖底は吸い込まれるみたいで怖くて怖くて…高いところに立った気分です。支笏湖水中映像なんてあったらいいですね(^^)
2017.7.15 45回目の夏 >>