2017.5.20~21 支笏湖.もどかしい期間

まもなく日が落ちる。それまでの静けさが一変し、湖面は生命感に包まれた
20日、仕事帰りに支笏湖へ。橋の脇に車を滑り込ませたのが6時過ぎ。夕暮れまでの短い時間だけど、何故かどうしても支笏湖でロッドを振りたい衝動にかられての出勤だ。さざ波の湖水が右に向かって流れている。思った通りの全くの無反応、ライズのひとつも見ることなく時間は過ぎていった。
まもなく太陽が山の稜線に沈む。そんなタイミングで大きなライズ音、あれはちょっと届かないなぁ、そう思いながらも初めて姿を現した生命感に胸が高まった。
時間は19時半をまわった。既にフライを結び変える光量はない。ライズは四方八方で繰り返されている。ベタ凪の湖面にドライをそっと置いたり、ストリーマーを引っ張ったり…鱒がフライを見てない筈はない。大きなライズにも小さなライズにも見向きもされず、短いチャンスタイムは去っていった

シングル♯6フローティング

e0363490_17443755.jpg



21日は午前中だけの釣り。南岸の崖下、春蝉が1匹だけ鳴いている。風は右から。時折強く吹き抜けては釣りを難しくする。シングルのロッドは早々に手放し、ダブルハンドを振る。風に強いスカジットマックス600grを久しぶりにガイドに通した。
目にしたライズは2回、リトリーブ中の反応が1度。例年この時期は苦しい釣りを強いられている。小さな黒い羽虫が浮き始める頃から春蝉が湖面に落ちる頃までは、なかなかフライに反応してもらえないのがいつものパターンだ。小さな虫ばかり食べているのだろうか…。
釣れそうで釣れないこの期間の支笏湖、厳寒期の無機質さと違って鱒は度々その姿を現している、それだけにもどかしさが募る期間に思えてならない。
もう1ヶ所探りたい気持ちもあるけれど、どうやらタイムアップのようだ。カリカリとラインを巻き取っていく、1匹だけの春蝉がギィーと鳴く声を聞きながら。


スカジットマックス600grフローティング


[PR]
by kaki1225h | 2017-05-21 15:46 | Comments(4)
Commented by koikoi at 2017-05-22 18:19 x
かきさん、2日にわたりお疲れ様です。
ブログに記載している事、かなりうなづきましたよ(*^^*)
この状態をどう読めば良いのか迷宮です。
魚は全体に散らばっているとは思うのですが・・・・
次回もお互いに頑張りましょうね!!!
Commented by かきさん at 2017-05-22 23:16 x
Koikoiさん、こんばんは。魚っ気がでてきましたね!でも釣れません(笑)。私的には春先のリトリーブの釣りが一番釣りやすいと感じてます。そして小さな小さな羽虫が出ると終了のような…もう小さなフライは目で追えませんので、そのような釣りはあきらめてます(TT)
Commented by 猫背 at 2017-05-23 22:30 x
かきさんこんばんは。美しい写真ですね。やはり支笏湖はロケーションが最高ですよね!魚はなかなか釣れませんが…
6月からチビアメと戯れるつもりです。4番ロッド1本で通います!(笑)
Commented by かきさん at 2017-05-23 23:15 x
猫背さん、こんばんは。4番ロッド面白そうですね!繊細な釣りができそうです。私、最近は6番がメインですが、番手が下がるほど釣れそうな気がしてます(笑)。猫背さんの仰る通りでロケーションを楽しむ気持ちであまりガツガツしないようにしようかと思います(^^)
<< 2017.5.23 支笏湖.明るい夜 2017.5.7 支笏湖.強風と高波 >>