2017.5.3 支笏湖.2戦2敗

向きの定まらない風がそよそよと吹いている。5月の連休、初日は支笏湖、いつもの南岸だ。
シングルのロッドで近場から探るのもいつも通り。何の反応も無いのもいつも通りだ。8時に湖岸に立ち、今は正午。左前からの強めの風が入る。あまり期待していなかった波が岸に押し寄せてきた。

e0363490_19540768.jpg

本命視していたブレイクの少し沖でライズを見る。不思議なものでドライを浮かべると水面は沈黙し、ストリーマーを結ぶとまたライズが起きたりする。それでも『ここに鱒はいる』、そう思えるだけで辛く厳しいだけの支笏湖の釣りに、少し希望が持てそうな気がした。
風はますます強さを増す、6番のフローティングラインなど役に立たない程に。せっかく訪れたチャンスタイムだ、急いでダブルハンドのロッドを継ぎ、ラインを通す。type.Ⅱのシューティングスペイラインで高波と向き合った。
あと1度のリトリーブでキャストに移る、そのタイミングでロッドに重みが乗った。波間の下でギラギラと鱒が暴れている。ランディングネットを背中から外すが、柄を伸ばしていなかったことに気付く。水面下すぐそこには50㎝程のブラウン、結局ネットが届かず、岸に寄せる過程でフックアウト…。フックが外れたことに気が付かないのか、鱒は少しの間その場にステイし、やがて深みに消えていった。フライを手に取るとフックのバーブを潰していたことを思い出す。バーブの有無よりも掛かり所なんだろうな…落胆の中でそんなことを考えていた。

岩にくだけた波の音が耳に入ってきた。放心状態のまま釣りを続ける。20分は過ぎただろうか、先程と同じ場所でピックアップの動作中にラインが引かれた。バレる時は何となくロッド越しの感触で分かるものだ。そしてやっぱり…。先程よりひとまわり小さな鱒がブレイクの向こうへ消えていった。

やがて風は止み、波も落ちてしまった。もう集中力は切れている。ブレイク狙いの為に新調したラインでも振ってみよう。
夕暮れの支笏湖、抜け殻のような釣り師が黙々と無気力なキャストを繰り返していた。

e0363490_21271015.jpg




WF6F
♯10 Kencubeシューティングスペイtype.Ⅱ



[PR]
by kaki1225h | 2017-05-03 19:43 | Comments(4)
Commented by koikoi at 2017-05-03 23:53 x
かきさんこんばんは。
絶好調ですね〜〜

とてもあやかりたいものです(笑)
魚が陸地についた時点でカウントしてもよろしいかと思います!
今日はかなり暖かったと思いますが
虫は出て来ましたでしょうか?
週末楽しみですが、なにやら雨模様な感じです
Commented by kaki1225h at 2017-05-03 23:59
koikoiさん、こんばんは。逃がした魚はいずれもランド出来ずに逃げていきました。凪の湖水でしたが昼から一時いい波が立ち、その時だけ活性が上がった気がします。虫は大小でてましたよ!見たライズは3回でドライも良さげです。待てませんが…(笑)
Commented by hata at 2017-05-04 19:23 x
かきさん、こんばんわ。2尾の魚を掛けるのは戦略が間違っていないことを証明してますね!今期の支笏湖、魚が寄る所は限定されているみたいで…粘っても全くダメなポイントが多いみたいです(>_<)バレたのは残念ですが毎回の様にヒットさせるかきさんは攻略のヒントを得ているものだと思っています。自分もあやかりたいです!(^^)! 
Commented by かきさん at 2017-05-04 19:50 x
hataさん、こんばんは。以前ヒットした場所で粘っていたら、いい波が入りヒットが続きました。最近は冒険しないで、ライズを見たとか釣ったことがある場所をしつこく攻めてます。そんな場所は何かプラス要因があるのでしょうね。2バラシは痛恨で放心状態が続いてます(笑)
<< 2017.5.5 支笏湖.風待ち 2017.4.29 支笏湖.二刀流 >>