2017.4.23 支笏湖.風吹かず

吹くはずの風は終始吹かなかった
支笏湖、いつもの南岸。
凪は辛い。このリトリーブで何かが起きる、そんな期待や緊張感はいつしか消えていった

e0363490_16441570.jpg


ブラインドで釣りあがる渓流のドライの釣り、小さなフライを流しても何も起こらないポイントに、とびきり大きなフライを流すとガバッと大鱒が出たりする。そんなことを思いだしながら昨晩巻いたビックサイズのストリーマーを結び、キャスト。水の抵抗を考えるとさすがにオーバーヘッドでだ。
小さな羽虫がパラパラと飛んでいる。遥か沖ではライズリングが広がっている。水面下をファストに引っ張ったり、カウント60のボトムを探ったり…。僅かな風に水面が揺れた時や、流れる雲が太陽を遮ったりした時には少しだけ期待が高まったものの、何も起こらない時間がゆっくりと過ぎていった


e0363490_16481924.jpg


時間はまもなく14時になろうとしている。たまには早く帰り、子供達を驚かせよう。まだまだ時間はたっぷりあるが、凪の湖畔を後にした。
帰りの支笏湖道路。道端の草木が揺れている。窓を開けると、なかなかの風、『もう遅いよ…』そう小さく呟き、少しだけアクセルを踏み込んだ


Kencube.type.Ⅱ


[PR]
by kaki1225h | 2017-04-23 16:43 | Comments(2)
Commented by koikoi at 2017-04-23 19:00 x
かきさんお疲れ様です!
そこにはいませんでしたが、
情景がわかりますよ!
やっぱりこの時期は広範囲に拾えるルアーが有利なんでしょうね。今度かきさんが出没しそうなポイントに行ってみます。もしかしたらお会い出来るかもですね(笑)
あたいも生命反応なしのタイトルどおりでした(笑)
Commented by kaki1225h at 2017-04-23 19:32
koikoiさん、こんばんは。今日は9時からロッドを振りましたが、午前中はそこそこ波がありましたね、チャンスはその時だったのかもしれません。こんな日こそシングルの出番だったかも…と振り返ってます。私、南岸の定番ポイントばかりでロッドを振ってます。お会いできた際には、いろいろお話しうかがいたいです^^
<< 2017.4.29 支笏湖.二刀流 2017.4.16 支笏湖.長丁場 >>