2017.2.5 島牧海岸にて

寄せては返す波のその向こうへ何度キャストしただろうか。道南・島牧海岸の海雨釣りは泣かず飛ばず、2時間が過ぎたところで集中力が切れた。私は歩く釣り、離れてキャストしていた友人は、ここだと決めた場所でひたすら粘る釣り。聞けば既に1匹目を手にしており、反応もあるという。波の立ち方からボトムの地形を読んで釣り座を構えたようで、私が感覚派なら彼は理論派ということになるのだろう。
e0363490_17421019.jpg

右後ろからの微風がラインをストレスなく運んでくれる。天気は快晴。2つのポイントでロッドを振り、午後の早めには帰路につく。遠い記憶では7~8匹は釣れるのが島牧の海雨釣りだったと思う。それが今は1匹釣れるかどうか…。毎週のように島牧海岸へ車を走らせていたあの頃の体力はもう衰えてしまったけれど、釣りへの情熱だけは冷めずに持ち続けていたい。友の車に揺られながら、そんなことを考えていた

[PR]
by kaki1225h | 2017-02-04 13:25 | Comments(4)
Commented by hata at 2017-02-06 20:11 x
かきさん海アメの釣りへ出掛けていたのですね。とても良い天気で気持ち良さそう(^-^)支笏湖は閑散としてますが島牧は盛り上がっている様ですね!
Commented by かきさん at 2017-02-06 21:24 x
hataさん、こんばんは。島牧は狙うポイントを間違えたようで、まさかのボンズでした。雨鱒がいないか低活性か、と思ってましたが、後で聞いたら二桁釣ってる人がいたとか。遠征してボンズなら、支笏湖行けばよかったかもしれません(笑)
Commented by ebi at 2017-02-23 22:44 x
かきさん、おひさしぶりです。
ブログ、引っ越したんですね~
リンク変えておきます。。。
Commented by かきさん at 2017-02-25 17:27 x
ebiさん、こんばんは。いつの間にか引っ越ししてました(笑)。リンク変更ありがとうございます。今後も宜しくお願い致します。
<< 2017.3.11 道南.穏や... 2017.1.9 支笏湖.原動力 >>